スイス・ローザンヌ- WBSC U-15ベースボールワールドカップ2016inいわき開催まであと100日に迫り(7月29日開幕)、世界野球ソフトボール連盟が対戦グループ、公式ブランディングを発表しました。

WBSC U-15 ベースボールワールドカップ2016に出場する12カ国の代表チームは2つのオープニングラウンドグループに分かれて対戦します。

Groups - WBSC U-15 Baseball World Cup 2016 - Landscape (1)

Aグループには U-15ベースボールワールドカップ2014 優勝のキューバとコロンビア(世界20位)、アジアから日本(世界1位)、韓国(4位)、オセアニアからオーストラリア(世界13位、オセアニア内1位)、ヨーロッパからチェコ(世界16位、ヨーロッパ内3位)が出場です。

Bグループでは 南北アメリカ大陸からアメリカ合衆国(2014年銀メダル、ランキング2位)、ベネズエラ(2014年銅メダル、世界6位)、メキシコ(7位)、パナマ(17位)の4カ国が出場。さらにチャイニーズタイペイ(2012年U-15で銅メダル、世界4位)、ニュージーランド(30位)が出場します。ベネズエラは2012年にメキシコのチワワで行われた第一回U-15で優勝を果たしました。

各グループの上位3チームがスーパーラウンドで対戦し、その後決勝ラウンドにて優勝を争います。(3位、4位決定戦、U-15決勝)。主な試合日程は後日発表予定です。

WBSC 野球世界ランキングがつい先日発表されましたが、今回いわき市で行われるU-15 は世界ランキング1位から7位までの国が出揃います。記録に残るハイレベルな大会になるでしょう。

U-15 ベースボールワールドカップ2016の優勝国には世界ランキングに440ポイント加算されます。 

U-15ベースボールワールドカップの公式ブランディング(広告デザインやレイアウト)発表

先日発表されたU-15ベースボールワールドカップの公式エンブレムに加え、さらに公式ブランディング(デザインやレイアウト)も発表されました。力あふれる若者たちの世界選手権を表現した現代的なデザインで、WBSCのほかのカテゴリーのワールドカップやフラッグシップ大会プレミア12などとも連動したデザインです。ロゴやレイアウトはイギリス企業WORKSによりデザインされました。

ベースボールワールドカップの新スローガン

ベースボールワールドカップ初の公式大会スローガンは「For the Title of World Champion」(訳「世界チャンピオンを目指して」)です。このキャッチフレーズは各カテゴリーのワールドカップ(U-12, U-15, U-18, U-23、女子部門 )すべの共通テーマとなり、ブランド戦略、マーケティング商品やライセンスに使用されれます。