【スイス・ローザンヌ】世界野球ソフトボール連盟(WBSC)は今日、第29回WBSCU-18野球ワールドカップ® 2019の組み分け抽選会を行った。同大会は韓国機帳のヒュンダイ・ドリームボールパークにて8月30日〜9月8日まで行われる。
2017年の大会で準優勝だった開催国の韓国(世界ランク3位)はグループAで、オセアニアとヨーロッパ王者のオーストラリア(7位)とオランダ(8位)、そしてカナダ(10位)、ニカラグア(15位)、20位(中国)と対決する。
グループBは世界首位日本、 U-18 ワールドカップ4連覇更新中のアメリカ、チャイニーズタイペイ(4位)、パナマ(13位)、南アフリカ(23位)、スペイン(26位)と戦う。

「両グループ共に世界各国の優秀なユース選手たちが代表として顔を揃えています。白熱するオープニングラウンドとなるでしょう。18以下部門のワールドカップはユース競技の中でも有数の大きな国際大会で、この舞台で活躍してその後プロ契約を果たしスターになった選手は数多くいます」とWBSCのリッカルド・フラッカーリ会長はコメントした。
グループAとグループBのそれぞれ上位3チームが9月5日から7日まで行われるスーパーラウンドに進出できる。そしてスーパーラウンド上位2チームが9月8日(日)の決勝で対決し王者を決定する。

WBSC U-18 野球ワールドカップ2019の待望のプロモーションビデオは6月か7月初旬に公開される予定だ。
第29回WBSC U-18 野球ワールドカップ2019が行われるのは、機帳ヒュンダイドリームボールパークは韓国最大の野球テーマパーク。大韓野球ソフトボール協会(KBSA)が機帳郡および、韓国の行政機関である企画財政部と文化体育館後部と協力して同ワールドカップを主管する。
WBSC U-18 野球ワールドカップ2019の公式サイトは
https://u18bwc.wbsc.org。英語、フランス語、日本語、韓国語、スペイン語、中国語で対応している。

これまでU-18 野球ワールドカップとその大陸予選からは、日本のダルビッシュ有、大谷翔平、韓国のチュ・シンス(秋 信守)、キューバのヤシエル・プイグやアルロディス・チャップマン、アメリカのクレイトン・カーショウ、ブライス・ハーパー、マニー・マチャド、バスター・ポージーなど多くのスターを輩出してきた。