2021年ユース部門最高峰の野球大会はフロリダ州のサラソタとブレイデントンで開催

【フロリダ州・サラソタ‐ブレイデントン】世界野球ソフトボール連盟 (WBSC) はU-18 野球ワールドカップ® 2021を全米アマチュア野球連盟とサラソタ・ブレイデントンの2都市に開催権を与えることを発表した。ユース部門最高峰の野球大会がアメリカで行われるのは、1995年ジュニア世界選手権大会をケープコッドとフェンウェイパークで開催して以来となる。

これはフロリダ州サラソタ‐ブレイデントンのPowel Crosley Estateにて、WBSCリッカルド・フラッカーリ会長、全米アマチュア野球連盟のマイク・ガスキ会長、同連名の専務理事/CEOポール・セイラー、ピッツバーグ・パイレーツのフランク・コーネリー会長、オリオールズ・サラソタのデビッド・ロビン副会長、さらにサラソタ郡観光局(Visit Sarasota County)およびブレイデントンエリアの競技委員会代表が共同で開いた記者会見で発表された。

第30回を迎える U-18 野球ワールドカップは2021年9月開催予定。18歳以下(16歳から18歳)の世界12カ国のトップ選手らが集結し対決する。アメリカ野球U-18 代表チーム(現在 U-18 世界王者4連覇更新中)は開催国として自動的に出場権を獲得する。

U-18 ワールドカップの全50試合はMLBのバルチモア・オリオールズとピッツバーグ・パイレーツが春合宿で利用するエド・スミススタジアムとLECOM パークにて行われる。

アメリカ代表チームはU-18 野球ワールドカップで4大会連覇 (2012, 2013, 2015, 2017)を更新中。2019年8月30日(金)から9月8日(日)まで韓国の機帳で開催される2019年 U-18 野球ワールドカップで史上初の5連覇を狙う。

WBSCのリッカルド・フラッカーリ会長は「全米アマチュア野球連盟は U-18 野球ワールドカップ招致のためすばらしい入札、ビジョン、開催地プランを示しました。世界トップのユース選手、次世代のスーパースターたちが、MLBのプロ選手たちが春合宿を行うこのすばらしい場所でそれぞれの才能を発揮し、球場のスタンドや放送を通して観戦するファンたちを魅了してくれるでしょう。野球はこれまでになくグローバルスポーツとして成長しつつあり、 アメリカでは野球・ソフトボールは最もプレーされているチーム競技であり、その競技人口もこの5年間で20パーセント増の2500万人を超えています。U-18 野球ワールドカップのアメリカ開催は野球競技の更なる発展の機会となるでしょう。」とコメントした。

「全米アマチュア野球連盟はU-18 野球ワールドカップの開催地に選ばれたことを大変光栄に思います。選手やファンのみなさんにとってすばらしい経験となるよう目指します」と全米アマチュア野球連盟のマイク・ガスキ会長はコメントした。「アメリカ人にとって野球は最大の娯楽であり、その国際大会をフロリダのブレイデントンとサラソタの両都市で行えることをうれしく思います」と加えた。

サラソタとブレイデントンはフロリダ湾沿岸のタンパベイの南に位置し、有数のビーチや芸術文化の歴史ある地域として有名。両都市は共同で数多くの国際ユースやアマチュアスポーツ大会を開催しており、2017年世界ボート競技世界選手権や2017‐2018国際トライアスロンワールドカップなどを開催している。

「サラソタ郡観光局(Visit Sarasota Count)とオリオールズは 2021 U-18野球ワールドカップをわれわれの地方で開催できることを心より喜んでいます。」とサラソタ郡観光局の バージニア・ヘイリー会長はコメントした。「全米アマチュア野球連盟やブレイデントン観光局(Bradenton Area Convention and Visitors Bureau)とともに参加者みなさんの思い出にのこるすばらしい経験をしてもらえるよう力を尽くしていきたいと思います」と加えた。

ブレイデントンスポーツ委員会スポーツ部門ディレクターの ショーン・ウォルター氏は「2021年9月にユース世界最高峰の大会であるU-18 野球ワールドカップ開催権を獲得できたことをうれしく思います。ブレイデントンとピッツバーグ・パイレーツは未来のスポーツ界のスターとなる世界中の若き優秀な選手たちを受け入れる準備は整っています。」とコメントした。

2017年U-18 野球ワールドカップ in サンダーベイ(カナダ)は大成功をおさめ、その年8月のサンダーベイ国際空港利用者数は最高記録を達成し、同市への経済効果は630万カナダドル、スポンサーや商業パートナーのブランド露出も数百万ドルとなった。

U-18 野球ワールドカップやその大陸予選からは、日本のダルビッシュ有や大谷翔平、韓国のチェ・シンス、キューバのヤシエル・プイグやアロルディス・チャップマン、アメリカのクレイトン・カーショウ、ブライス・ハーパー、マニー・マチャド、バスター・ポージーなど数多くのスター選手を輩出している。

2021年 U-18 野球ワールドカップについての詳細はサイトのSarasotaBradenton2021.comか、インスタグラムTwitter(@SARBRAD2021)でフォローができる。試合チケットは2020年はじめごろ販売開始予定。