WBSCソフトボール アジア/オセアニア予選が今日上海Sports Training Centerで開幕した。オーストラリアと香港はグループA首位、中国とフィリピンも勝利してグループBの首位に立った。

香港 対 インドネシア 6-5 

グループBの開幕戦では、香港がインドネシアに4対4の同点から延長8回6-5で辛勝した。

記事全文ボックススコアとフォトギャラリー

オーストラリア 対 チャイニーズタイペイ  5-1

Taylah Tsitsikronisが3ランを生み出し、Kaia Parnaby が完投してでオーストラリアはチャイニーズタイペイを5-1で破った。大会1日目を終了し、オーストラリアと香港ははグループBの首位に立った。明日オーストラリアはインドネシアと戦い、チャイニーズタイペイは香港と対戦する。

記事全文ボックススコア、フォトギャラリー

ニュージーランド 対 中国 3-8

WBSCソフトボール アジア/オセアニア予選のグループAでは、地元中国は試合序盤で先制したニュージーランドに逆転し 8-3 で勝利した。

記事全文ボックススコア、フォトギャラリー

フィリピン 対 韓国 10-1

上海で開幕した東京2020オリンピック WBSCソフトボール アジア/オセアニア予選で、フィリピンが韓国に10-1で圧勝した。フィリピンは一方的な勝利を果たしたが、謙虚な姿勢を崩さなかった。

記事全文ボックススコア、フォトギャラリー