【台湾・台北】2019WBSCプレミア12®の開幕戦で11月7日に台中インターコンチネンタル野球場で行われるチャイニーズタイペイ対日本の宿敵同士の試合がチケット販売開始から30分以内で完売した。

昨日9月13日(金)よりグループB台湾ラウンドのチケット販売が開始。アジア強豪2チームである世界首位日本とチャイニーズタイペイのほか、世界9位ベネズエラと11位プエルトリコがこのグループで戦う。

チャイニーズタイペイは最近U-12 野球ワールドカップとU-18 野球ワールドカップで立て続けに優勝を果たしており、チャイニーズタイペイのチケットは即売れ切れとなることが予想されていた。

Subero will lead Venezuela in Premier12 group B

野球が国民トップの人気を誇るスポーツである台湾では、2015年の第一回WBSCプレミア12はスポーツ部門のテレビ最高視聴率を記録した。

世界最高峰の近年の記録に残る一大イベントとなるこのフラッグシップ大会WBSC プレミア12 では総額520万ドルの賞金が授与されるほか、上位2チームが東京オリンピックへの出場権を手に入れる。

台湾で行われるプレミア12 グループBのチケットはhttp://www.famiticket.com.twより購入可能。