今週の木曜日よりチェコで開幕するWBSC世界男子ソフトボール選手権大会の試合の半数ほどがオリンピックチャンネルより配信される。

世界最高峰のソフトボール大会はチェコの首都プラハとハブリーチクーフブロドで6月13日から23日まで開催する。

WBSCとオリンピックチャンネルの提携により、男子ソフトボール大会が初めて国際オリンピック委員会のウェブコンテンツサービス(OTT )より配信される。

男子野球と女子ソフトボール競技は東京2020でオリンピック復帰を果たす。

「オリンピックチャンネルとの提携で、WBSC世界男子ソフトボール選手権はオリンピックというトップレベルのスポーツを愛する新たな視聴者とファンを獲得できるでしょう。」とWBSCはコメントした。

オリンピックチャンネルで配信されるのは、3位決定戦、決勝戦などを含む計35試合。

オリンピックチャンネルで生配信される試合リストは以下の通り。

6月13日(木)

  • ニュージーランド – チェコ (19:30 – プラハ)

6月14日(金)

  • フィリピン – キューバ (13:30 – ハブリーチクーフブロド)
  • シンガポール – オーストラリア (16:30 – プラハ)
  • アルゼンチン – ボツワナ (16:30 – ハブリーチクーフブロド)
  • メキシコ – 日本 (19:30 – ハブリーチクーフブロド)

6月15日(土)

  • 南アフリカ – デンマーク (10:30 – ハブリーチクーフブロド)
  • メキシコ – チェコ共和国 (19:30 – プラハ)

6月16日(日)

  • シンガポール – オランダ (10:30 – プラハ)

6月17日(月)

  • フィリピン – 日本 (16:30 – プラハ) 未確定
  • デンマーク – オーストラリア (16:30 – ハブリーチクーフブロド) 未確定
  • チェコ共和国 – アルゼンチン (19:30 – プラハ) 未確定

6月18日(火)

  • オーストラリア – 南アフリカ (10:30 – プラハ)
  • ボツワナ – メキシコ (10:30 – ハブリーチクーフブロド)
  • キューバ – アルゼンチン (13:30 – ハブリーチクーフブロド)
  • ニュージーランド – 日本 (16:30 – ハブリーチクーフブロド)
  • オランダ – デンマーク (19:30 – プラハ)
  • チェコ共和国 – フィリピン (19:30 – ハブリーチクーフブロド)

6月19日(水)

  • 日本 – キューバ (10:30 – プラハ)
  • オーストラリア – ベネズエラ (10:30 – ハブリーチクーフブロド)
  • フィリピン – ニュージーランド (13:30 – プラハ)
  • メキシコ – アルゼンチン (16:30 – プラハ)
  • ボツワナ – チェコ共和国 (19:30 – プラハ)
  • 南アフリカ – オランダ (19:30 – ハブリーチクーフブロド)

6月20日(木)

  • フィリピン – メキシコ (10:30 – ハブリーチクーフブロド)
  • デンマーク – シンガポール (13:30 – プラハ)
  • 日本 – ボツワナ (13:30 – ハブリーチクーフブロド)
  • アルゼンチン – ニュージーランド (16:30 – ハブリーチクーフブロド)
  • オランダ – オーストラリア (19:30 – プラハ)
  • キューバ – チェコ共和国 (19:30 – ハブリーチクーフブロド)

6月21日(金)決勝トーナメント

  • B4 – A1 (10:30 – プラハ)
  • B3 – A2 (13:30 – プラハ)
  • B2 – A3 (16:30 – プラハ)
  • B1 – A4 (19:30 – プラハ)

6月23日(日) – 決勝

  • 3位決定戦 (16:30 – プラハ)
  • 王座決定戦 (19:30 – プラハ)