世界男子ソフトボール選手権大会のチケットがチケット販売サイトGoOutより独占販売開始

公式マスコット「ミスター・ホームラン」が大会プロモーションビデオで登場

世界野球ソフトボール連盟 (WBSC) と大会を運営するチェコソフトボール協会 (CSA) が、6月13日から23日までチェコのプラハとハブリクブロードで開催されるWBSC世界男子ソフトボール選手権大会2019のチケットが販売サイトGoOutから発売されると発表した。

GoOutは、チェコ国内最大チケット販売オンラインサイト。

「世界中のソフトボールファンたちにとって朗報です。ヨーロッパ初となる世界男子ソフトボール選手権大会は、世界でもっとも美しい国の一つチェコで開催されます。大会観戦への需要は高く、プラハとハブリクブロードにある両スタジアムは今年の6月は観客で埋まるでしょう」とWBSCソフトボール部門のトミー・バラスケス理事長はコメントした。

「大会開催まで6か月を切り、世界選手権大会のチケット販売も始まり興奮しています。チェコのファンたちは、ようやく自分たちのチケットが購入でき、国内の歴史を刻む最も重要なソフトボール大会をこの目で見られることを大変楽しみにしています。」とチェコソフトボール協会のガブリエル・ワージ会長は語った。

このサイトでは二つの会場のパッケージチケットや、オープニングラウンド・プレイオフのシングルチケットが購入できる。

また同大会への広報と地元へのサービス、また若い人たちにソフトボールに親しんでもらえるよう、地元の学校の生徒たちは午前中の試合を無料で観戦することができる。

また、子ども、年金生活者、車いす利用者、チェコソフトボールクラブの人は特別料金で観戦ができる。

公式マスコット「ミスター・ホームラン」がプロもショーンビデオに登場

CSAがプロモーションビデオを制作。同動画では大会公式マスコット「ミスター・ホームラン」がチェコ市内の人気スポットを訪れ同大会を広報した。

WBSC世界男子ソフトボール選手権大会は世界トップソフトボール選手・代表チームが対決する。この世界選手権大会はプラハのSvoboda ParkとハブリクブロードのHippos Arenaで行われる。

世界男子ソフトボール選手権大会に出場する16チームは以下の通り。

  • アフリカ(2): No. 12 南アフリカ、 No. 13 ボツワナ
  • アメリカ大陸(6): No. 2 カナダ、No. 5 アルゼンチン、No. 6 アメリカ、No. 8 ベネズエラ、 No. 9メキシコ、No. 24 キューバ (ワイルドカード)
  • アジア (3): No. 3 日本、 No. 17 フィリピン、 No. 22 シンガポール
  • ヨーロッパ (3): No. 7 チェコ共和国、No. 11 デンマーク、 No. 19 オランダ
  • オセアニア (2): No. 1 ニュージーランド、 No. 4 オーストラリア

組み分けや試合日程の詳細は今後発表の予定。