WBSCは3月31日日曜日キューバのハバナで、新しい都市型球技ベースボール5の大陸での専門家を育成することを目的とした3日間の資格認定ワークショップを成功裏に終えた。

すべての大陸から参加の14名はBaseball5の技術、理論、実戦の知識を得て、今後はWBSC大陸連盟とWBSCメンバーを支え、この新しい若者に焦点を絞った都市型スポーツの推進発展の事業を任される。

このワークショップは、キューバ野球連盟およびキューバのベースボール5ナショナルチームと共同で開催された。ナショナルチームは2019年4月18日から20日までコロンビアのカルタヘナで開催される予定のベースボール5アメリカオープンに出場する選手の最終名簿を決定するためのトライアウトが行われている間、実技科目で協力した。

キューバでは、ベースボール5は彼らの間で人気のあるストリートゲーム4 esquinas (4コーナー)の国際版と見なされている。このため、ベースボール5は非常な人気を博し、現在ではキューバ野球連盟が国内あるいは地域別の競技会を監督し、全国の何千人もの若者がこの競技を楽しんでいる。

新しい指導者達は、今後ベースボール 5 グローバルコーチングプログラムのの授業や特別なベースボール5プロジェクトを行う。ベースボール5は 2018年3月の公式発表からわずか12か月で世界中の40カ国以上に広がり、急速な世界現象になりつつある。

The WBSC is now tasked to support this global interest and will further be targeting territories like north and south America, the Mediterranean and the sub-Sahara Africa.世界的に関心を集めるこの競技をさらに推進サポートしていくが、今後は特に南北アメリカ、地中海、サハラ以南のアフリカをターゲットにしていく予定だ。