WBSC 会長 リッカルド・フラッカーリ

リッカルド・フラッカーリ
1949年5月30日イタリア・ピサ生まれ

世界野球・ソフトボール連盟の会長をはじめ、多くのスポーツ組織・協会などで理事・議長職を務める。

歴代の会長

会長挨拶

2013年に野球とソフトボールの世界の統合を決断をした時、世界野球ソフトボール連盟という野球・ソフトボール競技にとって新たな時代の幕が開きました。みなさまには多くの支持や支援を賜りましたが、それだけにとどまらず同じビジョンを共有し変革の必要性に同調してくださったことを、ここに厚く御礼いたします。

オリンピックプログラム、特にIOCアジェンダ2020年などの近年の動きの変化に対し、われわれは野球・ソフトボールの発展を確固たるものにするため再構築を図り、新たな収入源を確保する必要性に迫られました。国際野球・ソフトボール界は今ターニングポイントにたっています。かつてない希望や計画をかかげた目標のもとともに一致団結してまいりたく存じます。

私たちはチームとして改めて一つになり、プロ団体との関係を強化していかなければなりません。プロの組織団体の参加が広ければ広いほど、選手たちの活躍がより大きな影響力をもち、国際的な野球・ソフトボールの現在の位置づけがさらに飛躍することでしょう。

また、国際大会の見直しを図りその価値の最大化に努めなければなりません。野球・ソフトボールの発展は男女両部門に必要であり、特に両競技があまり普及していない国々にも力を入れていきたいと思います。また規範を強化・発展させ、常により多くの選手たちが関われるようにしなくてはいけません。連盟組織の再構築をはかり効率化をすすめ、加盟連盟のニーズにこたえる必要があります。我々は野球とソフトボールが真のグローバルなスポーツであり、男女問わず、世界中の何百万人ものアスリート、コーチ、ファン、家族や若者世界的を巻き込むスポーツであるという証明をしなければなりません。野球・ソフトボールは世界中の国々で競技され、ニュースやテレビ、スポンサーにとっても常に注目を集めるスポーツでしたが、それは野球・ソフトが普遍的なスポーツであり、世界中に浸透しているからです。野球・ソフトボールはオリンピックの理念とも調和よく共栄できるスポーツであり、われわれはオリンピック競技復帰に向けて積極的に取り組んでまいります。新しく生まれた執行委員理事会とともに選んだ道・決断はかならずや組織の確立と知名度向上につながることと信じております

しかしながら、こうした目標を達成するにはみなが一丸となってともに取り組んでいかなければなりません。

果敢な挑戦がわれわれを待ちうけていますが、みなさまと新しい執行委員会のサポートがあれば必ずや現状の困難を乗り越えていけることでしょう。ともに取り組めば、WBSCを開花させ、みなさまそれぞれが大切な役割を果たす新しい野球・ソフトボール社会が確立できます。WBSCと私をサポートしてくださったみなさまにもう一度お礼をここに申し上げたいと思います。みなさまのこれからも継続的なサポートをよろしくお願いいたします。わたしたちの未来のために、みなさまからの意見やお言葉をいただければ幸いです。野球ソフトボール界に関するいかなる意見、コメント、提案をお待ちしております。

敬具

リッカルド・フラッカーリ

職歴&役職
  •  世界野球ソフトボール連盟- 会長
  •  イタリア国内オリンピック委員会(CONI)理事会- 理事
  • CONI 国際関連検討委員会- 議長
  • IOC承認国際競技団体連合(ARISF)-事務局長
  •  スポーツアコード協議会- 協議員
  •  国際野球連盟- 会長
  •  イタリア野球ソフトボール連盟- 会長
  •  ワールドベースボールクラシックの運営委員会- 委員、
  •  ドーハゴールズ 諮問委員会- 委員、

前職は、技術産業研究所・有機化学専門の教授

会長経歴

-2014年5月10日IOC委員会より認定された野球・ソフトボール世界統括組織である世界野球・ソフトボール連盟の初代会長に選出。主な選挙公約の一つであった野球・ソフトボールの2020年オリンピック競技復帰をめざし、 WBSC提案を推進。

-1985年よりイタリア野球・ソフトボール連盟に従事。2001年会長に就任。計7回のオリンピックに携わり、2009年12月国際野球連盟の会長に選出。

-IBAF会長就任直後から国際ソフトボール連盟(ISF)との合併協議を開始。2012年12月国際的な野球を統合した世界野球ソフトボール連盟(WBSC)の統合設立にむけ交渉の調整を行う。

-2011年IBAFと有数のプロ野球リーグとの協力関係の強化に努める。IBAF会議前に新規定を導入し、トップリーグの入会に備えて準会員という新しいカテゴリーを創設し、IBAF傘下への加盟を実現。

-多年にわたりIBAF会長としてアメリカのメジャーリーグベースボールと交渉を重ね、ワールドベースボールクラシックと数百万ドルの合意を取り交わし世界大会として公認。予選制を導入しWBCプラットフォームをこれまでの出場参加国16カチームから12カ国追加し、WBSC加盟連盟28カ国にまで広げた。

-IBAFの知的財産権を保護するため、さらに厳しい規定をIBAFで可決させ、国際的なクラブ大会などがナショナルチームの大会にならないよう強化させた。

-2011年IBAFはU-12ベースボールワールドカップを設立。第一回の成功によりIBAFの新たなトーナメント形態としてすぐに採択され、ユース層の短期・長期的な国際展開への関わりが強まった。 

-2013年4月に国際野球連盟会長に再選。

-国際野球連盟は初の「ヨーロッパ」選抜チームを設立し、連盟公認の国際大会に出場。

-そのほか、イタリア国内オリンピック委員会の国際関連の議長、ARISFの事務局長など、スポーツ業界のほかの理事会役員などにも従事。

2015年4月ソチにてスポーツアコードの評議会メンバーに選出。

英語、フランス語、イタリア語(ネイティブ)、およびスペイン語に堪能

受賞・栄誉歴
  •   イタリアオリンピック委員会の会長によりスポーツ功労勲章授与
  •   イタリア共和国功労勲章
  •   イタリア野球ソフトボール連盟の殿堂入り