【メキシコ・パラヤデルカルメン】 13チームが出場するWBSC U-15 野球ワールドカップ・アメリカ大陸予選が今日9月13日から22日まで開催される。メキシコ野球連盟 (FEMEBE)が主管する。

ラウンドロビンでは出場チームが2グループに分かれて対戦する。

  • グループ A: メキシコ、ブラジル、コロンビア、ドミニカ共和国、ホンジュラス、アメリカ
  • グループ B: アルゼンチン、コスタリカ、キューバ、グアテマラ、キューバ、グアテマラ、ニカラグア、パナマ、ベネズエラ

各グループの上位3チーム(以下のオープニングラウンド日程表を参照)は9月19日から21日まで行われるスーパーラウンドに進出する。

アメリカはこのカテゴリーでパンアメリカンとワールドカップのどちらも前大会で王者に輝いた。

パラヤデルカルメンでおこなわれる試合のいくつかは 公式COPABE YouTube Channelよりライブ中継される。

このパラヤデルカルメンで行われるこの WBSC U-15 野球ワールドカップ2020のアメリカ大陸予選では上位4チームがワールドカップ出場権を獲得する。

WBSC U-15 野球ワールドカップ2020 各大陸からの出場枠

  • アフリカ (1チーム):
  • アメリカ大陸 (5チーム):
  • アジア (2チーム): チャイニーズタイペイ、日本
  • ヨーロッパ (2チーム): ドイツ、イタリア
  • オセアニア (1チーム):
  • ワイルドカード (1チーム):


Opening Round Schedule published by COPABE and FEMEBE.