02/11/2019 - 17/11/2019

#Premier12  

Hosted by: JPN MEX KOR TPE
II Premier12 2019 - Official Payoff
Brent Rooker「ベースの中央に来るスライダーを待っていました。」
15/11/2019 1 記事を読む目安時間

Brent Rooker「ベースの中央に来るスライダーを待っていました。」

アメリカの右翼手Rookerが本日のチャイニーズ・タイペイ戦の7回の裏、勝ち越しホームランを打った。

Righ 右翼手の Brent Rookerは、プレミア12のスーパーラウンドでアメリカが生き残るために極めて重要なホームランを打った。一塁にランナーを置き、2対1の劣勢から、左翼にホームランを飛ばし、チームに決定的なリードを与えた。

「今日の投手は、低い球を投げ、抑えた球を3球ストライクゾーンの周りに投げてきました。」とRooker は記者会見で述べた。「彼にあたった最初の2回は、彼にスライダーでやられたので、「次こそは」と思っていました。ベース中央のスライダーを探していたのですが、カウントの早い段階でファウルをしてしまったので、我慢して、別のスライダーを待って、良いバッティングをしなければなりませんでした。」

試合について聞かれた25歳の外野手は、「ここに集まるチームは全て質の高いチームなので、私達は最初の一球から真剣に戦かう覚悟できています。相手の先発投手は本当に素晴らしい仕事をしました。彼は素晴らしい投球をし、私達はバランスを崩し、リズムを崩さずに進塁することが難しくなっていました。それについては彼は称賛に価いするとおもいます。彼は素晴らしいピッチングをし、素晴らしい試合をしたと思います。」

「私たちはチームとして本当に良く戦ったと思います。私はチームが試合を最後まであきらめずに競い続けことを非常に誇りに思っています。」