22/06/2021 - 26/06/2021

#Baseball #RoadtoTokyo  

Hosted by:   MEX

Tokyo 2020 Olympic Baseball Final Qualifier - Official Payoff

ドミニカ共和国は、オリンピックの最終予選に先立ち、代表メンバーを強化

ドミニカ共和国は、オリンピックの最終予選に先立ち、代表メンバーを強化
15/06/2021
Luis Castillo と Felipe Garciaは、アリゾナ・ダイヤモンドバックスから許可を得て出場。Hector Borg監督は、Raynel Espinal と Marcos Diplanに関しても交渉中。

ドミニカ共和国野球代表チームは、最後のオリンピック予選、メキシコで行われるWBSC野球最終予選のピッチングスタッフを増強している。ドミニカ共和国はトーナメントで最下位のチームだが、勝利の可能性ありと期待されている。

ドミニカ共和国の関係者によると、Luis Felipe Castillo とJunior Garciaは、予選トーナメントでドミニカ共和国を代表するために、アリゾナ・ダイヤモンドバックス・オブ・メジャーリーグベースボール(MLB)から参加の許可を得た。

.26歳のCastilloは、Double-Aレベルの右利きのリリーフ投手。彼はこれまでに12試合に出場し、15.1イニングで僅か4回の自責点しか記録していない。

25歳のGarciaは左利きのリリーフ。彼は今シーズン、得点を許さずにダブルAレベルで4試合のセーブを記録、トリプルAレベルで11の試合でピッチングし、16.1イニングので4点の自責点を許し、2試合のセーブを記録した。

ドミニカ共和国はまた、その名簿フリーエージェントに28歳の内野手 Ramon Torresを追加した。 Ramon Torresは、カンザスシティロイヤルズの2017年と2018年のシーズンで100以上のMLBゲームに出場し、ドミニカ冬季リーグ2020-21にも出場した。

ドミニカ共和国の監督、 Hector Borgは、右利きの先発投手、 Raynel Espinal (トリプルA、ボストン・レッドソックス)、右利きのリリーフ、 Marcos Diplan(トリプルA、ボルチモア・オリオールズ)、ダブルAレベルで23試合で11本塁打を放った後、ボストン・レッドソックスによってトリプルAに昇格した強打者Johan Mieses, など、MLB組織と契約している他のプレーヤーにも声をかけている。

世界第10位のドミニカ共和国はWBSCアメリカ大陸予選で優勝したアメリカに次ぐ2位でフィニッシュし、ベネズエラと一緒に最終予選に出場する権利を獲得している。

.ドミニカ共和国は6月22日にランキング第8位ベネズエラと最終予選で対戦し、24日の対第10位オランダ戦前に1日休みを取る。ドミニカ共和国とベネズエラ(南北アメリカ予選)およびオランダ(2019 WBSCプレミア12)との最後の対戦では、ドミニカ共和国は14勝4敗を記録している。

関連記事
-アメリカ野球チームがオリンピック出場権を獲得 ベネズエラとドミニカ共和国はWBSC最終予選へ
- ドミニカ共和国のフリオ・ロドリゲス国を代表してオリンピック出場に意欲「野球人生の中で最も特別な体験