29/07/2022 - 07/08/2022

#U12WorldCup  

Hosted by:   TPE

VI U-12 Baseball World Cup 2021 - Official Payoff

WBSCU-12野球ワールドカップ  RJファレルがアメリカ代表チームの監督に就任

WBSCU-12野球ワールドカップ  RJファレルがアメリカ代表チームの監督に就任
23/03/2022
「私は全米アマチュア野球連盟が大好きなので、2022年のチームを率いることは本当に名誉なことといます」とファレルはコメントした。世界ランキング第4位のアメリカは、第6回WBSCU-12野球ワールドカップのワイルドカードを獲得した。

全米アマチュア野球連盟は、RJファレル氏が7月29日から8月7日に台湾の台南で開催されるWBSCU-12野球ワールドカップでU-12代表チームを監督すると発表した。

ファレル氏は、アシスタントコーチを3回務めた後、2020年3月U-12野球代表チームの監督に就任した。全米アマチュア野球連盟は2021年6月に監督の就任を承認している。

ファレル監督は2021年のトライアウト中に18人のプレーヤーを選出し、U-12代表チームは11月に3つのエキシビションゲームをプレイした。

全米アマチュア野球連盟はまた、ファレル監督のコーチスタッフ、ピッチングコーチにSeth Kenny氏、アシスタントにErikJohnson氏とTannerVesely氏を承認した。

「2022年に国際大会に復帰するにあたり、RJと彼のスタッフがU-12ナショナルチームを率いることを嬉しく思います」と、全米アマチュア野球連盟のU-12ナショナルチームプログラムディレクターのウィル・シュウォラー氏は次のように述べている。「RJは、全米アマチュア野球連盟での長年の経験を通じて、若いアスリートの成長に信じられないほどの献身を示してきました。彼とこの素晴らしいスタッフは、今年の夏の優勝を目指し、チームに貴重なリーダーシップとガイダンスを提供してくれると確信しています」

「私にとって今年の夏に再び監督監督に指名されたことは本当に特別なことです」とファレル監督は語った。「私は全米アマチュア野球連盟が大好きなので、2022年のチームを率いることは本当に名誉に思います。野球は私に多くの素晴らしい経験を与えてくれました。この機会はそれらすべての経験に劣らぬ経験になるでしょう。私たちがどれほど感謝しているか説明できません。また去年の夏からの同じスタッフを集めることができ、台湾から金メダルを奪回するという目標に向けて一丸となって頑張っていくことを楽しみにしています。」

世界第4位のUSAは、WBSC U-12野球ワールドカップ世界ランキング4位アメリカがWBSC U-12野球ワールドカップのワイルドカード枠で出場10番目の参加の代表チームとなった。

ショナルチームのうち次の9チーム(大陸の順位)がワールドカップ出場を決定している。

アメリカ大陸 (4): 世界ランキング 7位 のドミニカ共和国, 4位 メキシコ、、 13位 パナマ 、6位ベネズエラ 

アジア (3): 世界ランキング 1位日本、3位韓国、そして前回優勝の世界ランキング2位チャイニーズタイペイ

ヨーロッパ (2): 世界ランキング14位 チェコ共和国、17位イタリア

アフリカとオセアニアから出場権を得た代表チームは、それぞれの11番目と12番目の参加者となるが、大陸協会はまだ予選プロセスを確認中だ。