2022 総括 豊かな発展振興の年

2022 総括 豊かな発展振興の年
28/12/2022
スペイン、セルビア、ブルキナファソ、日本での球場の建設と改築など発展振興事業を振り返る。

「アスリートの育成、コーチのトレーニング、スポーツアドミニストレーターの育成、スポーツの一般的なプロモーションを優先するプログラムは、私たちの全体的な目標を達成するための重要な出発点と考えています」と WBSC 会長のリッカルド フラッカーリは WBSC 発展振興プログラム 2022-2024年版ガイド の初めの挨拶に書いている。

今年も年末に近づき、ますます多くの発展振興の試みが見られた。

構築すれば、人々が集まる

新しい野球とソフトボールの球場は、その地域の発展振興の鍵となる。

スペイン野球・ソフトボール連盟(RFEBS) は 1 月、バレアレス諸島のカンポス デ ビンタウファ (ミノルカ州マオン) に初の野球/ソフトボール場が建設されたと発表した 。

ミノルカ島の野球/ソフトボール 球団Piratasの会長、Isidoro Garcia氏は、新しい会場は島をスペインの野球/ソフトボール 地図に載せるための第一歩であると述べた。全国レベルでの大会はその次のステップだ。

セルビア野球連盟はまた、ベオグラードの野球場の改築を祝った。これは、WBSC 発展振興委員会が支援する企画だ。この企画は、球場を国際大会大会を開催するための基準に準拠するために、バッティングケージと給水システムの改築改築が行われた。

ブルキナファソ野球・ソフトボール連盟(FBBS)のイブラヒマ・シボレ会長は、3月14日、ワガドゥグーの日本大使館で加藤正明日本大使と協定を結んだ。この協定で、野球、ラグビー、サッカー場を含むスポーツ複合施設の建設を支援するために、FBBS 西アフリカ フラン (CFA) 5,200 万 (87,500 米ドル)が 承認された。

また、WBSC プレミア12 の出身の筒香嘉智は、2億円(175万米ドルを投資 し、故郷の和歌山県橋本市に新しい少年野球施設を建設した。

ヨーロッパでの展開

WBSCヨーロッパは王立スペイン野球・ソフトボール連盟とカナリア諸島野球・ソフトボール連盟と協力して、11月19日から26日までテネリフェ島で初の野球 ウィンターリーグ が開催した。


目標は、17 歳から 23 歳までのヨーロッパの有望な選手たちがシーズンを延長し、トップ コーチと一緒に球場でスキルを向上させるのを支援することだった。

スウェーデン、ポーランド、ブルガリア、イギリス、トルコ、チェコ共和国、ベルギー、ドイツ、ルーマニアから 14 人の野球コーチがWBSC コーチ ライセンス テストの準備コースに参加した。コースは、WBSC コーチ委員会委員長の Marco Mazzieri とベテランの国際コーチ兼スカウトのMauro Mazzottiによって開催され  、オランダのディーセンで開催された 第5回 ヨーロッパソフトボールコーチ協会トレーニングキャンプ(ESCA)中に行われた。


理論講義と実技により、14 人のコーチが WBSC レベル 1 またはレベル 2 のライセンス テストに備えることができた。9名のコーチがレベル2のWBSCライセンスを取得し、5名がレベル1のライセンスを取得した。

アジアでの展開

サウジアラビアの野球・ソフトボール連盟の Nayef Mohammed Bin Humaid 会長と パレスチナの Ahmed Tafesh 会長は、開発への取り組みに参加するため初めて覚書に署名 した。

一方、インドネシア ベースボール /ソフトボール リーグ (LBSI) は、最初のインドネシア ベースボール リーグでインドネシア独立 77 周年を祝った。

独立記念日は 8 月 17 日だ。大会は8 月 21 日から 26 日までジャカルタの GBK ベースボール スタジアムで開催され、Baladewa, Garuda, Gorgeous, Flash, Cheetas ととPramborsの 6 チームが参加した。

中国では、浙江省で 2023 年 9 月 23 日から 10 月 8 日まで次のアジア競技大会のの開催に先駆けて、2022 年 6 月に Shaoxing Baseball/Softball Sports and Culture Center が正式にオープンした。これは、中国で最大かつ最高仕様の国際標準の試合会場だ。アジア競技大会の野球とソフトボールの会場として使用される。

一方、浙江省野球・ソフトボール協会 (ZBSA)は、浙江省における野球ソフトボールのめざましい発展振興の 成果を明らかにした。浙江省の野球は数百の学校に拡大し、現在、浙江省には 11 の野球場があり、10,000 人を超える選手がいる。

アフリカでの展開

WBSC による 15 の異なる団体への 野球用具の寄贈は、ザンビアでのベースボール 5 の発展を後押しした。これは、ザンビア国立オリンピック委員会 (NOCZ) が ザンビア野球ソフトボール協会 (ZBSA) と協力して、オリンピック青少年育成センター (OYDC ザンビア) で2026 年のダカール ユース オリンピック大会を目指して、ベースボール 5 を立ち上げた後に実行された。

WBSC はまた、ザンビア野球ソフトボール協会(ZABSA) による発展振興プロジェクトを承認した。このプロジェクトは、オリンピックソリダリティーと国の国民体育制度 (DNSS) 発展振興プロジェクトの一部によって資金提供されている。

プロジェクトは、3 つの異なる段階を経て発展振興される。1 つ目は地方での現場教育に専念、2 つ目は選択された数の個人に広範な教育プログラムを提供、3 つ目はベースボール 5 の全国大会に国を紹介することだ。