エイドリアン・ゴンザレスがメキシコ野球リーグに出場  東京オリンピックに意欲

エイドリアン・ゴンザレスがメキシコ野球リーグに出場  東京オリンピックに意欲
22/02/2021
元MLBオールスター・エイドリアン・ゴンザレスは 2018年からプレイしていない。彼はMLBネットワークのラジオで今が最高のコンディションだと語っている。

MLBオールスターに5度出場したことのある元MLBのエイドリアン・ゴンザレスがこのシーズンメキシコ野球リーグで プレーすることがわかった。彼はこの夏東京オリンピック野球大会でメキシコ代表での出場を目指している。

ゴンザレスは MLBネットワークラジオのインタビューで自身のプランを語った。

メキシコ代表野球チームは2019WBSCプレミア12で10回延長の末アメリカを制して3位に入り、初のオリンピック出場を決めた。

「 体のコンディションは万全です。毎日筋肉トレーニングをしています。」とゴンザレスは語っている。

どのチームでプレイするかはまだゴンザレスは明らかにしていない。

関連記事
- エイドリアン・ゴンザレスはオリンピックを目指す
- メキシコ野球リーグが5月20日2シーズン開幕
- プレミア12リプレイシリーズ 東京2020オリンピック出場権をかけたメキシコとアメリカの戦い
- Efren Navarro「メキシコにとって歴史的快挙」
- Navarroが延長を制しメキシコが2020オリンピック出場へ

現在38歳のゴンザレスは2018年6月10日にニューヨークメッツを辞めて以来プレーをしていなかった。彼は2004年にテキサスレンジャーズでMLBデビュー。その後サンディエゴパドレス、ボストンレッドソックス、ロサンゼルス・ドジャースでもプレーした。

ゴンザレスはMLBで15シーズン1929試合に出場し、2050安打(打率 .287)、317本塁打を記録した。ゴールドグローブ4回、シルバースラッガーアワードも2回受賞している。

愛称「El Titán」で親しまれているゴンザレスは、ワールドベースボールクラシック24回メキシコ代表として出場し、2017年には兄のエドガー監督が指揮した代表チームでもプレー。父親もまた1980年代メキシコ代表として活躍する選手だった。


Global Game