アフリカ 9チームがナイジェリアのユースU-12、U-15女子国内選手権大会出場

アフリカ 9チームがナイジェリアのユースU-12、U-15女子国内選手権大会出場
14/04/2021
野球ソフトボール大会はアフリカ大陸を始め世界中で開催されている。

ナイジェリア野球ソフトボール協会は先日国内のU-12・U-15女子ソフトボール国内選手権大会に9チームが出場することを発表した。国内ソフトボール選手権大会はラゴスのバダグリーで4月20日から25日まで開催される。

このユース大会は首都ラゴスから64キロほど離れた郊外バダグリーのイベレコ・バラックスでバダグリー・エンゼルスリーグが運営する。

「この大会には9チームが参加する新たな才能を磨く素晴らしい機会。」とNBSA のKehinde Laniyan事務局長はコメントした。「若い選手たちを育成しスポーツを振興する主な発展プログラムの一つ。大会が再開できて嬉しい。」

関連記事
- アフリカ ナイジェリアの国内野球ソフトボール選手権大会が再開
- ナイジェリア野球ソフトボール協会の新会長にウィリアム・ボイド氏
- South Africa beat Nigeria, advance to U-18 Men’s Softball World Cup in Palmerston North
- Nigeria works hard to develop baseball and softball
- アフリカ WBSC男子U-23ソフトボールワールドカップ予選の日程、開催地を発表
- アフリカ シーズン開始に、ケニアの大学で女子ソフトボール大会開催
- アフリカ WBSCとABSAが ベナンのコーチや試合役員を対象にベースボール5のウェビナーを開催

Laniyan事務局長はまた、この大会に参加できるのは2021年4月の時点で12歳から15歳の年齢の選手だけであると加えた。 登録したチームにはすべて住居費と食費が提供される。

U-12選手権大会出場チームNaowa Hitters、Kwara Sliders、Sabo Wuse、 Oluyole Plate Burners、Adekalu Bulls、Badagry Angels。

U-15選手権大会出場チームOluyole Plate Burners、 Adekalu Bulls、Badagry Angels。

昨年にイババンで行われたこの大会には国内から集まる11チームが参加した。この大会はラゴスのアメリカ領事館が後援している。


Global Game