元コロンビアソフトボール代表チームの投手として活躍したAngel Porras(エンジェル・ポラス)氏、コロンビアのカルタヘナ(Cartagena)で亡くなる

元コロンビアソフトボール代表チームの投手として活躍したAngel Porras(エンジェル・ポラス)氏、コロンビアのカルタヘナ(Cartagena)で亡くなる
06/11/2020
Porras氏は1978年Medellinで開催された、中央アメリカ・カリブ海競技大会でコロンビアの最優秀投手としてコロンビアのためにプレーした。

世界野球ソフトボール連盟(WBSC)は、元代表チームの投手兼コーチだったAngel Porras氏(エンジェル・ポラス)の死を悼む。彼は11月5日木曜日、 Cartagena(カルタヘナ)の Los Alpes (ロスアルペス)地区にある自宅で亡くなった。78歳だった。

1942年に生まれたポラス氏は、1978年にMedellinで開催された中央アメリカおよびカリブ海大会でコロンビア代表としてプレーし、この大会でコロンビアのトップ投手となった。コロンビア代表チームは地域のマルチスポーツ大会で4位に終わったが、ポラス氏はわずか0.91ERAで3勝1敗を記録した。

ポラス氏は彼の国では有名なバスケットボール選手でもあった。