アルゼンチン野球・ソフトボールが提携して国内でベースボール5発展と代表チーム編成に合意

アルゼンチン野球・ソフトボールが提携して国内でベースボール5発展と代表チーム編成に合意
21/07/2020
野球ソフトボール統括団体は提携してWBSCの新アーバン型競技をアルゼンチン国内で振興し、ベースボール5代表チーム編成に取り組むことに合意した。

アルゼンチン野球連盟(FAB)とアルゼンチンソフトボール連盟(CAS)が提携してベースボール5部門を組織し、国内ベースボール5発展を共同で行うことで合意した。

ベースボール5がアルゼンチンに初めてもたらされたのは2018年。ブエノスアイレス 2018 ユースオリンピック (YOG) イニシエーションゾーンで紹介され、そこで参加者がベースボール5の体験や競技の基本技術を学んだりすることができた。大会終了後のレガシーの観点から見ても国内でベースボール5の人気が高まり、サンルイスとブエノスアイレスで新しく大会が開催された。

FABとCASは2名のベースボール5コーディネーターを指名した。競技の振興発展と代表チームの監督を兼ねるコーディネーターは、インストラクターとしてブエノスアイレスYOGに参加したVictor Aramayo氏とWBSCレベル1コーチのGuillermo Spotorno氏。

The Argentine national bodies unveiled a video to introduce the new Baseball5 Division.