WBSC、アジア競技大会 2030とベースボール5を主題に、アジアの野球、ソフトボールのリーダーとビデオ会議を実施

WBSC、アジア競技大会 2030とベースボール5を主題に、アジアの野球、ソフトボールのリーダーとビデオ会議を実施
16/09/2020
人気のWBSC都市型スポーツのベースボール5は、今後数年間でアジアで目覚ましい成長を続けると予想されている。

世界野球ソフトボール連盟(WBSC)は、9月15日(火)に大陸連盟との会議を継続し、リッカルド・フラッカーリ会長はアジア野球連盟(BFA) とアジアソフトボール連盟(SA)の代表とビデオ電話を交わした。

このビデオ会議にはフラッカーリ会長に加えて、WBSC事務局長マイケルシュミット氏、SA会長およびWBSC事務総長長のBeng Choo Low女史とBFA代のクリス・デイ連盟会長が参加した。

会議は、アジア大陸全体での野球とソフトボールの成長と、大陸の将来に向けてのスポーツを構築し続けるために存在し得る機会に焦点を当てた。

特に会議のトピックの1つは、世界でトップの複合競技大会の1つであるアジア競技大会2030だった。野球ソフトボールは、過去数十年間、アジア競技大会のスポーツプログラムの中心にあった。ソフトボールは、8回のアジア大会に登場し、1994年以来、野球も過去7回あらゆるアジア大会に出場している。

2022年と2026年の試合がそれぞれ杭州(CHN)と愛知-名古屋(JPN)に決定されたため、2030年の大陸イベントが焦点となった。WBSCは、カタールとサウジアラビアから、2030年のアジア競技大会を主催する意向を示す書簡を受け取り、WBSCとアジア大陸連合とこの候補国をサポートすることで合意した。

.ビデオ会議では、大陸でベースボール5が成長するための機会についても話合いが進められた。COVID-19の大流行により今年初めに延期された公式の国際大会(WBSC ベースボール5ワールドカップや大陸予選など)が再開されると、新しいWBSCベースボール5の指数関数的成長がさらに促進されるだろう。