アトランタ・ブレーブスがMLBワールドシリーズ勝利 2010 U-18野球ワールドカップスターのホルヘ・ソレアがMVP

アトランタ・ブレーブスがMLBワールドシリーズ勝利 2010 U-18野球ワールドカップスターのホルヘ・ソレアがMVP
03/11/2021
アトランタ・ブレーブスは第6試合でシューストン・アストロズを破り、1995年以来の2度目の快挙を果たした。

アトランタ・ブレーブスが第6試合7対0でヒューストン・アストロズを制し、1995年以来の2度目のワールドシリーズ優勝を決めた。

ワールドシリーズ試合結果

ブレーブス-アストロズ 6-2

ブレーブス-アストロズ 2-0

ブレーブス-アストロズ 3-2

アストロズ-ブレーブス 9-5

ブレーブス-アストロズ 7-0

優勝候補から外れていたブレーブスがナ・リーグ東部で3シーズン連覇を果たした。7月初旬、ブレーブスは球団が育て上げた実力トップの23歳ロナルド・アクーニャ・ジュニア(ベネズエラ出身)がシーズン終わりに膝の故障に苦しみチームを外れていた。

ブレーブスはナ・リーグ東部(88勝72敗)でトップに上ると、ナ・リーグ地区シリーズでミルウォーキー・ブリュワーズ(3対1)を倒し、同リーグチャンピオンシリーズでは昨年のワールドシリーズ優勝のロサンゼルス・ドジャーズを4対2で下した。

MVPに輝いたのはホルヘ・ソレロ。29歳外野手のソレロは 2010 WBSC U-18 野球ワールドカップでは自国キューバの銅メダル獲得に貢献した。

ベテランの控え外野手 ギジェルモ・エレディアもキューバ出身で2013ワールドベースボールクラシックで自国を代表している。

右投げ先発イアン・アンダーソンは2021ポストシーズンでは4試合先発、2白星。WBSC U-18野球ワールドカップ2015で優勝したアメリカチームロースターの一人。

ベテラン一塁手フレディー・フリーマンもU-16 やU-18でアメリカ代表として国際試合に出場した。二重国籍のフリーマンはワールドベースボールクラシック2017ではカナダ代表で出場。

ベテラン左腕のドリュー・スマイリーは2017ワールドベースボールクラシックのアメリカロースターの一人。2011野球ワールドカップでもアメリカ代表で出場している。

そのほかのアトランタ・ブレーブスの選手にはアメリカ代表の捕手トラビス・ダーノー(2011 野球ワールドカップ)、左利きAJ ミンター、内野手ダンズビー・スワンソンもいる。彼らは大学野球代表チームでもプレーした。

ブレーブスのロースターにはベネズエラ出身では23歳捕手ウィリアム・コントレラスと27歳ショートのオーランド・アルシアの選手が2名いる。

二塁手 オジー・アルビーズはキュラソー出身。ワールドシリーズ優勝を決めた5人目のオランダ王国出身選手となった。これまではラルフ・ミリアード (フロリダ・マーリンズ)、 ロブ・エーンホーン (ニューヨーク・ヤンキース)、 ザンダー・ボガーツ (ボストン・レッドソックス) 、 ケンリー・ジャンセン (ロサンゼルス・ドジャース)がいる。

第6試合にロースター入りした控え内野手ヨハン・カマルゴはパナマ出身。

ナ・リーグチャンピオンシップシリーズでMVPに選ばれた外野手エディ・ロザリオはプエルトリコ代表として2013年と2017年ワールドベースボールクラシックに出場した。

関連記事
- MLBポストシーズンロースターに代表チームスターが勢揃い
- Tanner Houck beats Shane Baz in MLB postseason duel
- アメリカ代表でオリンピックで銀メダル獲得のデビッド・ロバートソンがMLBに復帰
- 冬季と夏季のオリンピックメダリスト、エディ・アルバレスがMLBに復帰
- MLBロースターやテレビ局提携数からわかる野球のグローバル化