オーストラリア野球リーグが2020−2021シーズンの放送・ストリーミング提携に合意

オーストラリア野球リーグが2020−2021シーズンの放送・ストリーミング提携に合意
30/11/2020
複合競技配信サービスKayo Sportsは48試合と決勝リーグ放送権をオファーした。Fox Sportsチャンネルもいくつかの試合を放送する。

オーストラリア野球連盟は12月17日に開幕予定の同リーグの2020–2021シーズンをオーストラリア国内でFoxtel が放送し、Kayo Sportsが配信することを発表した。

オーストラリア複合競技配信サービス会社Kayoがレギュラーシーズンの48試合と決勝リーグを配信し、FoxtelのFox Sportsチャンネルはいくつか試合をセレクトして放送する。

Fox SportsチャンネルはまたWBSCプレミア12のオーストラリアの試合も放送した。Foxtel Groupとの合意は州政府がバックアップしている。

「 Paul Fletcher大臣とその州政府の通信省からの支援を心より感謝いたします。」とオーストラリア野球連盟のCEO(最高責任者)Cam Vale氏は加えた。

Vale氏は「KayoはこれまでもABLの、そしてオーストラリア国内において野球競技を支援を続けてくれました。また今後も提携を続けABLがKayoの視聴者を楽しませることができるのを楽しみにしています。」と加えた。

近年オーストラリアはWBSC野球世界ランキングで大きくランクアップしており、アメリカの強豪メキシコ(5位)、キューバ(7位)と並んで6位に入っている。

関連記事

メルボルン・エースがABL 2019-20優勝

ABLがMLBとの選手契約を更新