オーストラリア野球リーグがMLBとの選手契約を更新

オーストラリア野球リーグがMLBとの選手契約を更新
13/08/2020
この協定によりオーストラリア野球リーグは南半球のプレミア野球プラットフォームとしての地位を確固たるものにした。

オーストラリア野球リーグ(ABL)とメジャーリーグベースボール(MLB)が両国間の選手契約をさらに3シーズン更新することを発表した。

「MLBと球団らがABL支援を今後も継続してくださることを大変嬉しく思います。」とオーストラリア野球連盟のキャメロン・ヴェールCEOはコメントした。

2010年に再出発したABLには42名の選手がオーストラリアでのリーグに出場した後にMLBデビューを果たしており、うち36名がメジャーリーグの球団から送られてきた外国人選手だった。

選手契約の更新により南半球のプレミア野球リーグとしてABLの地位は確固たるものとなった。

関連記事 オーストラリア連盟特集