ベネズエラで連盟がスポーツ大学と提携し野球講座を開催

ベネズエラで連盟がスポーツ大学と提携し野球講座を開催
19/11/2020
ベネズエラ野球連盟を通して一般に開かれた審判員、記録委員、コーチ、試合役員のための講座が開かれた。この講座の目標は野球が国技であるベネズエラで野球の専門職レベルを上げることだ。

ベネズエラ野球連盟 (FEVEBEISBOL)はコヘデス州にある南部スポーツ大学 (Universidad Deportiva del Sur)との新たな提携を発表した。

スポーツ大学は国内ナンバーワンの人気競技、野球に関する主要項目について学生に教育するコースを行う。

このコースは審判員、記録委員、コーチ、試合役員などについての講座で、野球技術を改善したいと思う人なら誰でも参加できる。

この講座では野球試合の運営と管理についても触れ、公式ルールについての知識改善も狙う。

「目標は個々が野球についての教育を受けられるようにすること、そして国内で野球競技の専門職レベルを高めることです。」と FEVEBEISBOLはニュースリリースで発表した。

強豪ベネズエラは現在南アメリカトップランクの野球チーム、現在WBSC野球世界ランキング第8位。