アメリカ元大統領らがニグロリーグ設立100周年を祝う

アメリカ元大統領らがニグロリーグ設立100周年を祝う
30/06/2020
アメリカの元大統領やスポーツ界や芸能界のスターらがニグロリーグ野球博物館の “#TipYourCap2020” キャンペーンに参加し100周年を祝った。

ジミー・カーター、ビル・クリントン、ジョージ・W・ブッシュ、ブラックオバマら生存する元大統領全てが、アメリカの野球ニグロリーグ設立100周年を祝った。

大切なスポーツ史の一つであるニグロリーグは1920年に設立した。当時は黒人選手がメジャーリーグベースボール(MLB)から排除されたいた。

1947年、スポーツ界のスター、ジャッキー・ロビンソンがロサンゼルス・ドジャーズでプレーし、MLBの壁を破った。ニグロリーグは1948年に解散した。 Robinsonの家族も100周年を祝いキャンペーン「 Tipping Your Cap (帽子をあげて軽く挨拶する)」に参加した。

オバマ元大統領は「今日はSatchel PaigeやToni Stoneなど数多くのニグロリーグのみなさんに敬意を表して帽子をあげてご挨拶します。100年前に設立し、アメリカの娯楽に大きな変化をもたらし、選手やファンなど新たな世代を生み出した素晴らしい模範です。」

元MLBホームラン王のハンク・アーロンもこのキャンペーンで自分のチームのアトランタブレーブズの帽子をあげて挨拶した。

俳優、コメディアン、マイケル・ジョーダンや、LAドジャースの共同オーナーの一人でもあるアーヴィン・「マジック」・ジョンゾンなどスポーツ界のスターも100周年を記念して帽子をあげる仕草をした。

このSMSキャンペーンに加え、MLBは7月はじめに開幕する今シーズン中にもニグロリーグを祝う企画をしている。

写真出典: https://twitter.com/BarackObama