3度ワールドシリーズ制覇のブルース・ボウチーがフランスの野球監督就任

3度ワールドシリーズ制覇のブルース・ボウチーがフランスの野球監督就任
10/12/2019
3度ワールドシリーズで勝利したブルース・バウチーがワールドベースボールクラシック予選のフランス代表チームを指揮する。「フランスチームの監督をすることは試合の組み立てをするかを示す絶好の例となるだろう」と語った。

フランス野球ソフトボール連盟 (FFBS) が月曜日にバウチー氏がワールドベースボールクラシック予選でフランス野球代表チームを指揮することを発表し、これ受けてバウチー氏は「常に野球と関わり、そして貢献したい」とコメントした。

ブルース・バウチーは、メジャーリーグの名監督で、サンフランシスコ・ジャイアンツを13シーズン采配し、2019年に退任した。2010年、2012年、2014年にジャイアンツでワールドシリーズ制覇したバウチーは1996年にナショナルリーグの監督に就任し、サンディエゴ・パドレスを91勝71敗で2度目の地区優勝を果たした。バウチーはMLB史上2000勝を超えた11人目の監督。メジャーリーグ監督25シーズン2003勝2029敗で勝利 .497%。

バウチーはフランスのランデス・デ・ビュセック出身で、父親はアメリカ軍基地に駐留した。バウチーはワールドシリーズ(1988年)に到達した初めての外国人監督であり、またワールドシリーズ(2010年)を初めて制覇したヨーロッパ人監督となった。

「ジャイアンツでの監督を退任した後の次の人生に考えていました。いつまでも野球に関わり貢献がしたいと思いました。フランス代表を指揮することは私がどのように試合を組み立てるかを見せる良いれいとなるでしょう。フランスに生まれ、息子も参加資格があります。私の兄弟もドグアウトでサポートしてくれるので家族一丸となってフランス野球の底上げに貢献できると思います。」とフランス代表の新監督はコメントした。

「ブルース・バウチーを2020年ワールドベースボールクラシック予選のフランス代表野球チームに監督として迎えることを嬉しく思います。ランデス・デ・ビュセック生まれのブルースはフランスと特別なつながりがあります。フランス野球発展のためにこの監督就任の機会を受けてくださってことを心より光栄に思います」とFFBSのディディエ・セミネ会長はコメントした。

「この10年間フランスで野球は発展し続けており、ブルースならフランス代表チームをワールドベースボールクラシック予選を通過させ新たな発展へと導いてくれるだろうと思います」と語った。

2021年に開催予定のワールドベースボールクラシックの開催ちは今後発表される。