チャップマンとランデロスが出場のニュージーランドソフトボール男子・女子国内選手権大会 SKY TVで放送

チャップマンとランデロスが出場のニュージーランドソフトボール男子・女子国内選手権大会 SKY TVで放送
15/02/2021
オークランドは男子トーナメントで優勝、ハットバレーが女子のトーナメントで優勝した。WBSC男子ソフトボールワールドカップ2022のメイン会場であるオークランドのローズデールパークで開催された試合は、スカイテレビで放送された。

フトボールニュージーランドのナショナルファストピッチ選手権大会は、先週の日曜日に男子と女子の両方のトーナメントの決勝戦で終了した。代表チームのエース、ダニエル・チャップマンは、男子決勝でオークランドを対ノースハーバーで4-1で勝利に導いた。そしてハットバレーの投手シバウン・ランデロスは、女子決勝でオークランドを破り、チームを優勝に導いた。大会は、WBSC男子ソフトボールワールドカップ2022の開催地であるオークランドのローズデールパークで行われた。

2019年のWBSC男子ソフトボールワールドカップではブラックソックスが準決勝で日本に敗れ、11回のトーナメントで初めて決勝に出場できなかったニュージーランドの投手チャップマンは、男子決勝で完投し、2ヒットと1ラン、9三振を記録してオークランドは無敗で大会を終えた。。ブラッドリー・ベネットの3ランの本塁打は、開催地チームがノースハーバーを4-1で下した鍵であり、チームは10年で6度目の優勝を獲得することができた。

チャップマンは年間の最優秀投手に選ばれ、ブラックソックス外野手コールエバンスがトーナメントのベストヒッターとMVPを受賞した。ウェリントンは3位で終わった。

関連記事

- 2013 ニュージーランド男子ソフトボール代表チームが国内過去10年の人気スポーツシーンに授与される賞「Favourite Sporting Moment of the Decade」に候補入り

- オークランドの2チームがニュージーランドの4イニング国内選手権大会で優勝 

- ニュージーランドが自国開催の 2022 WBSC男子ソフトボールワールドカップの代表選手予備リストを発表 

- 大特集 Mark Sorenson氏がニュージーランド男子ソフトボール代表監督に就任

- Cole Evans がニュージーランド代表「ブラックソックス」の主将に任命

- WBSC 男子ソフトボールワールドカップ 2022 がニュージーランドのオークランドで2月19に開幕

女子大会では、ランデロスが週末に7試合を投げ、ハットバレーが全国タイトルを取り戻し、前回の優勝チームオークランドを4-1で下した。これは、チームにとって4シーズンで3回目の優勝になる。

.今年後半にペルーで開催されるWBSC U -18女子ソフトボールワールドカップに参加するジュニアホワイトソックスの一塁手、レース・タンジアナウは、決勝戦で2適時打を記録した。

ランデロスはトーナメントの最優秀投手に選ばれ、ローガン・モアランドはベストヒッターに選ばれ、ホワイトソックスのキャプテンのララ・アンドリュースはMVPに選ばれた。


Global Game