チョン・ジテク氏が新しいKBO総裁に選出される

チョン・ジテク氏が新しいKBO総裁に選出される
11/01/2021
70歳のビジネスマンは、4つの主要な目標があり、第一の優先事項はCOVID-19パンデミックの中で安全な2021シーズンを開催することにあると述べた。大韓野球協会は1月12日にオンラインで選挙を行う。

韓国野球機構(KBO)の10の球団は、斗山重工業の70歳の副会長兼最高経営責任者であるチョン・ジテク氏を新しい総裁に満場一致で可決した。

ソウルのKBO本部は1月5日火曜日に就任式を主催した。

チョン総裁は、任期中に4つの主要な目的があると述べた。主な目標は、COVID-19パンデミックの中で安全な2021シーズンを実行することであり、チョン氏はまた、ファンの関心を高めるために、10の球団に「持続可能な成長」を保証する方法を模索すると述べた。

元首相の鄭雲煥氏の後を引き継いだ元斗山ベアーズ暫定オーナーのチュン・ジタイク氏は、東京オリンピックで「ファンに誇りに思ってもらえるようにしたい。」と語った。金メダルは最終の目標だ。「国際大会での力強いパフォーマンスは、KBOの新たな黄金時代の良い機会を生み出すだろう」とチュン氏は付け加えた。

最後に、新総裁は、メジャーリーグベースボール(MLB)の権利を有する放送局の一つであるESPNとの放送契約を、COVID-19パンデミックによるMLBシーズンの開始が遅れたことから生じた放送時間を埋めるため、KBOゲームを実施した後も2021年シーズンまで延長することへの希望を表明した。

チョン氏はさらに、「オンラインプラットフォームを利用して利益を上げることを目指します。また、すべての人口統計に合わせてさまざまな種類のコンテンツを作成することにも焦点を当てたいと思っています。」と付け加えた。

大韓野球協会(KBSA)は1月12日(火)に会長選挙をオンラインで行う。3人の候補者は、NAJin-gyun(元プロ選手、元韓国プロ野球選手協会事務局長、 KPBPA)、 LEE Soon-chul(元プロ選手兼コーチ、現在は SBSスポーツチャンネルのアナリスト)。とLEE Jong-hoon(現在のKBSA副会長)だ。