パナマU-18国内野球選手権大会 コクレ県優勝

パナマU-18国内野球選手権大会 コクレ県優勝
04/05/2021
野球はパナマの国技。このユース選手権大会の観戦に多くの友人や家族ファンたちがスタジアムに詰めかけた。

パナマのU-18国内選手権大会が終了した。コクレ県の「 Leña Roja(燃え盛る赤い薪)」は地元のアグアドゥルセ( José Antonio Remón Cantera Stadium)で ヘレラを7試合目7-2で破りパナマ第2回ユース野球選手権大会を制した。

コクレの先発投手Israel Guerreroが勝利、8イニング投球、しわずか2失点3被安打、4奪三振。

打線も好調で相手の先発 Alexis Bernaを相手に1回3得点、計11安打。 Joaquin Gamba、 Esmith Pineda、Roderick Lezcanoがそれぞれ2安打。 

第一回の1962年、2018年に続き、コクレはユース選手権大会で3度目の優勝カップを手にした。

関連記事
-
パナマは来週U-18全国野球選手権を開く
-
Aguilar, StanziolaがパナマのU-18全国野球選手権でノーヒットノーランを達成