コロンビアプロ野球2020~2021シーズンが11月28日より開幕 スポーツ大臣が支援を約束

コロンビアプロ野球2020~2021シーズンが11月28日より開幕 スポーツ大臣が支援を約束
20/11/2020
2020~2021リーガ・プロ・デ・ベイスボルはコロンビア国内でTelecaribeより放送される。

リーガ・プロ・デ・ベイスボル (LCBP) の2020-2021シーズンは公式的にバランキージャでの開幕が発表された、このプレゼンテーションにはErnesto Lucenaスポーツ大臣が出席した。コロンビアプロ野球リーグの次のシーズンは11月28日にエドガー・レンテリア・スタジアムで無観客で始まる。

LCBPは今シーズン、Vaqueros de Montería、Tigres de Cartagena、Caimanes、 Gigantes de Barranquillaの4チームが参加する。各チームは35名のロースターからなり、うち10名は外国人。これらの選手の大半はメジャーリーグベースボール(MLB)傘下と契約している。

スポーツ大臣自らがLCBPのプレゼンテーションを行い、また国内の子供達のスポーツ技術発展と才能発掘をサポートするプログラム「タレント・コロンビア(Talentos Colombia)」に野球を加えることを発表した。

「1月に野球でこのタレント・コロンビアを開始します。」と同大臣は語った。「これは次のエドガー・レンテリアやジオ・ウルシェラを発掘するため、全カリブ地域に向けて経済的支援を行うことを意味しています。」

このシーズンは無観客で行われるが、Telecaribeの主要TVやHD2から試合が中継される。

48試合のレギュラーシーズン終了後、上位3チームが第2ラウンドで12試合を行う。第2ラウンドの上位2チームがタイトル獲得をかけて7試合制チャンピオンシップシリーズで戦う。

昨シーズン王者Vaqueros de Monteríaの試合で次のシーズンは幕を開ける。彼らは7試合制最終シリーズでGigantes de Barranquillaを倒し優勝した。

コロンビアは現在WBSC野球世界ランキング第14位。