CPBL台湾シリーズの開幕戦完売デパウラの圧巻の投球と本塁打2でブラザーズ白星発進

CPBL台湾シリーズの開幕戦完売デパウラの圧巻の投球と本塁打2でブラザーズ白星発進
27/11/2021
シリーズ開幕戦は完売、2020年の新型コロナ始まって以来最多の2万人のファンが観戦した。

【台中】新型コロナによって前半シーズンのほぼ2か月間シーズンが中断するという難題を克服し、中華職業棒球大連盟(CPBL)は、その歴史の中で最も開幕の遅れた台湾シリーズ2021を今夜開幕した。また、12月に開幕する最初の台湾シリーズ(第4試合)となった。

試合前の開幕式には、1990年にCPBLの発足karano

旧トロフィーに代わる、新しくデザインされた台湾シリーズチャンピオンシップトロフィーも発表された。

統一ライオンズ7-11ライオンズ Uni-Presidcountered with Brock Dykxhoorn (17-4, 1.83 ERA).第1試合では、CTBCブラザーズが2020年のCPBL MVPを総なめしたエースのホセ・デポーラ(16-4、1.77 ERA)をマウンドに送り、前優勝チームの統一ライオンズ7-イレブンライオンズがブロックディクシューン(17-4、1.83 ERA)を先発登板させた。

デパウラは6イニング2四球4安打、ディクシューンも6イニング5安打4奪三振で無失点に抑え、双方の先発投手が6回までを同点に抑えた。

無得点の同点で迎えた7回の裏、ブラザーズの左翼手であるチャン・ツシェンが最初の投球でディクシューンからソロホームランを放ち、7回裏同点を破ってブラザーズは1-0でリードした。二塁手YUEHTung-Huaはすぐにさらにソロ本塁打を放って2点差に開き、 ディクシューン を完封した。

デパウラは8回無失点のまま、ブラザーズのリリーフのリー・チェンチャンは、9回抑えてブラザーズの1勝0敗を守った。

7試合制台湾シリーズの第2試合は、ライオンズのリサルベルト・ボニージャ(2-2、3.13 ERA)とブラザーズのサウスポーLU・イェンチン(2-3、4.60 ERA)が登板する。

今夜の試合には、2020年の新型コロナが始まって以来最も多い、完売の2万人のファンが観戦した。2020年にCPBLは、世界でシーズンを開く最初のプロ野球リーグになり、リーグは中央感染症指揮センターの推奨に従い、スタジアムの最大収容人数を78%に維持しながら、シーズンを中断することなく完了する。

.中華職業棒球連盟はWBSCの準会員。