チェコのマルティン・セルヴェンカ ニューヨーク・メッツ(MLB)と契約

チェコのマルティン・セルヴェンカ ニューヨーク・メッツ(MLB)と契約
26/03/2021
MLBマイナーリーグの3チームにわたり、500試合以上の出場実績を持つ28歳のチェコ人捕手。

 チェコ人ベテラン捕手マルティン・セルヴェンカが米大リーグ(MLB)ニューヨーク・メッツとマイナー契約を交わした。クリーブランド・インディアンズ、サンフランシスコ・ジャイアンツ、ボルティモア・オリオールズに続く4つ目の所属プロ野球球団になる。

28歳の扇の要は、2009年の開幕前にクリーブランド・インディアンズとアマチュアフリーエージェント契約。現在までに、マイナーリーグ(MiLB)で545試合に出場。うち143試合はダブルA、12試合はトリプルA。

昨季は、チェコの最上位リーグのチェコ・エキストラリーガ所属コトラルカ・プラハでプレーした。

オフシーズンにセルヴェンカは、元チェコ代表チーム投手の兄マレクと一緒に自宅でのトレーニングに励んだ。

「自宅にちょっとしたジムも作った。」とセルヴェンカ。

チェコ共和国は現在、WBSC野球世界ランキングで16位。これは、欧州圏で9位のオランダに次ぐ2番目の順位であり、後には、17位のイタリア、18位のイスラエルと続く。

セルヴェンカは、2019年ヨーロッパ野球選手権大会とオリンピックWBSCヨーロッパ・アフリカ予選で、チェコ代表チームのレギュラー捕手を務めた。

チェコ野球協会会長ペトル・ディトリッヒは、「マルティンには、アメリカで夢をかなえて欲しい。」と言う。「成功を祈る。チェコ選手がメジャーに上がれたら快挙だ。」

関連記事:
- チェコ代表野球チームがスペインで春合宿開始
- World No. 28 Russia upsets No. 16 Czech Republic to win Prague Baseball Week
- オーストラリアU-12、U-15ワールドカップの右投げRiley YeatmanがMLBのサンディエゴ・パドレスと契約
- 2019WBSCプレミア12決勝戦の韓国の先発投手梁玹種がMLBのテキサス・レンジャーズと契約
- バハマの17歳Adari GrantがMLBのセントルイス・カージナルスと契約