チェコソフトボールが2019年度の功労者を表彰

チェコソフトボールが2019年度の功労者を表彰
13/12/2019
チェコソフトボール協会は今週の水曜日チェコソフトボールガラを行い歴史的な1年を閉じた。このガラでは今年度の最優秀選手、コーチ、審判員が国内連盟から表彰された。

6月にチェコソフトボールはヨーロッパ初の世界男子ソフトボール選手権を成功裏に終わらせた。

この夜のもっとも感動的な瞬間は、2019年に代表チームを引退した全ての選手がこれまでの輝かしい国際的なキャリアを表彰されたこと。代表女子を引退したLudmila Kučerková、そして2019年世界男子ソフトボール選手権で8位獲得に大きな役割を果たし、自国での大会開催後に引退を決めたDavid Mertl、Jiří Nezbeda, Patrik Kolkus、 Petr Vácha、 Tomáš Petr、Václav Svoboda、 Tomáš Kusý (男子ヘッドコーチ)がガラで紹介されると舞台にスタンディングオべージョンで迎えられた。

この式典の間、チェコソフトボール連盟とヨーロッパソフトボール連盟のガブリエル・ワージ会長がチェコの殿堂入りに決まった。

各表彰のリスト一覧はチェコソフトボールサイトをご覧ください。