チェコのZdenek Židek氏が米国マイナーベースボールリーグ審判員に

チェコのZdenek Židek氏が米国マイナーベースボールリーグ審判員に
06/05/2021
元ファストピッチソフトボール投手のZdeněk Židek氏は2019年に審判員プロデビューし、12球団のClass A East Divisionの審判員に就任した。

Zdeněk Židek氏がマイナーリーグベースボール(MiLB) シーズンに向けて調整をしている。チェコの弁護士だった同氏はアメリカの野球リーグで唯一のヨーロッパ出身審判員だ。

Zdeněk Židek氏は元ファストピッチソフトボールの投手で、その後ソフトボールの選手から審判員に転向し、メジャーリーグベースボール(MLB)審判員になる夢を目標に取り組み始めた。

そして2019年Class Aの短縮シーズンで審判員デビューを果たす。その後新型コロナウイルス規制のため2020シーズンは逸したが、2021シーズンは、ロサンゼルス・ドジャーズMLBキャンプに参加した。

同氏は2021シーズンを12チームが参入するClass A East Divisionで審判を始める。

関連記事
- 欧州発 チェコ・ナショナル野球リーグ、4月9日開幕へ
- チェコ代表野球チームがスペインで春合宿開始
- チェコのマルティン・セルヴェンカ ニューヨーク・メッツ(MLB)と契約
- チェコ共和国女子野球振興に取り組む推進者たち

「新しい機会に恵まれ大変嬉しく思います。この次の挑戦を楽しみにしています。」と Židek氏はコメントした。

チェコで2020年度審判員賞に表彰された Židek氏は、その後チェコ国内向けのオンライン審判員コース開設に貢献した。