フランス野球・ソフトボール連盟 会長にディディエ・セミネが再選

フランス野球・ソフトボール連盟 会長にディディエ・セミネが再選
30/03/2021
「2024年のパリ五輪と当連盟百周年に向かう時の循環を、心躍らせ待ち望んでいる。」とセミネ会長はコメントした。

ディディエ・セミネは、フランス野球・ソフトボール連盟(FFBS=Fédération Françaisede Baseball et Softball)の会長に再選された。

関連記事:
- フランスで野球、ソフトボールシーズンのキャンセル 5万ユーロ支援拠出
- フランスで視覚障害者向け野球推進のため新たに合意
- モンティニー・ル・ブルトンヌで開催の女子野球講習会に日本、フランスが協力

「フランス野球・ソフトボール界に改めて信任されたことを誇りに思う。」とセミネは言った。「栄誉ある会長職を務めてきたこの10年で、会員は5割増加し、幾多の競技推進キャンペーンが実施された。」

セミネは、2024五輪と同連盟100周年に期待している、と言う。

FFBSの取締役会は、4月6日に選出される。

フランスは現在 WBSC世界ランキングで、野球が25位、女子野球が18位、女子ソフトボールが25位。

セミネの指揮の元、フランスは新しく始まったBaseball5の2019年と2020年のペナントレースで勝利を収めた。また、代表女子野球チームを結成し、欧州女子野球のリーグ戦でも優勝した。

冒頭写真撮影:グレン・ジェルヴ(FFBS)


Women's_Baseball World Cup