オランダ野球のスターHan Urbanus氏が90歳で死去

オランダ野球のスターHan Urbanus氏が90歳で死去
08/02/2021
殿堂入り投手Han Urbanus氏はCharles Urbanusの父、Nick Urbanusの祖父にあたる華麗なオランダ野球の名家の初代だ。写真上はCharlie、Han 、Nick Urbanusの三人(提供Rob Jelsma Honkbalsite.com)。

【 オランダ・アムステルダム】オランダ野球のパイオニアでレジェンドのHan Urbanus氏が2月5日93歳でこの世を去った。オランダ野球殿堂投手Han Urbanusは野球名家の初代で、息子Charlie (1955年生まれ) も孫の Nick (1992年生まれ) もオランダ代表チームとして国際大会でプレーした。

オランダの大手メディアNOSはUrbanus氏を「ドイツ野球のリーダーと考えられていた」と伝えた。

Han Urbanus氏は、1935年に彼の入っていたアムステルダムのサッカーチームが野球部門を作ったことがきっかけで野球を始める。その1年後11歳の時に1947年トップリーグでデビューした。

関連記事
- 1984年オリンピック出場2選手が死去 世界の野球界が追悼
史上最高のWBSCソフトボール殿堂入りTyStofflet(タイ・ストフレット)氏が79歳で死去
伝説の選手ハンク・アーロンが86歳で死去 野球界が追悼
オリンピック金メダルの監督トム・ラソーダ氏が93歳で死去
「英雄」エンリケ・フォネスカ 1941年ワールドカップ優勝チームの最後の一人が102歳で死去
女子野球ワールドカップに出場したオーストラリア投手Jacinda Barclayが29歳で死去

彼のキャリアは40年にものぼり、OVVOを5連覇優勝に導いた(1949-1953)。また1949年から1965年までオランダ代表に選ばれ、1956年からヨーロッパ王者7連覇に貢献。 数多くの功績の中でも、Han Urbanus氏はノーヒッター11回を記録しオランダリーグ最優秀投手に5回、  同リーグのMVP に3回選ばれた。


History-what we love