オランダ代表チームのベテラン・オリンピック選手Michiel Van Kampenがアメリカプロ野球でコーチに就任

オランダ代表チームのベテラン・オリンピック選手Michiel Van Kampenがアメリカプロ野球でコーチに就任
03/02/2021
Van KampenはGary Van Tol監督のもとパイオニアリーグのボイシ・ホークスでピッチングコーチを務める。

1999年から2010年までオランダ野球代表チームのトップリリーバーの一人であったMichiel Van Kampenが2021年シーズンはボイシ・ホークスのコーチングスタッフを勤めることになった。

Van Kampenは2008年北京オリンピックでオランダ代表として活躍した。彼はまたCEBヨーロッパ野球選手権大会6回、 wbsc(IBAF) 野球ワールドカップに4回、IBAFインターナショナルカップ3回、ワールドベースボールクラシック2回出場している。

 Gary Van Tol 監督の下で彼はピッチングコーチを務める。その他のスタッフには 元 MLB選手でアメリカ代表として2004FISU大学ワールドカップに出場したTravis Buck(ヒッティングコーチ)がいる。

関連記事
- WBSC U-18やU-23ワールドカップで活躍したオランダのスター、シェルテン・アポステルがMLBデビュー
- オリンピック最終予選でオランダは「最高のチーム」とRandolph Oduberが語る
- 野球ヨーロッパ/アフリカ予選 イスラエルが東京オリンピック出場権獲得 オランダは最終予選出場へ
- オランダ連盟KNBSBは COVID-19の影響で短縮されたシーズンでは国内野球ソフトボールの優勝チームを決定せず

ホークスはメジャーリーグベースボール(MLB)提携傘下の独立リーグの一つであるパイオニアリーグのチームの一つ。


Global Game