Eduin Diaz氏がコロンビアソフトボール連盟の会長に再選

Eduin Diaz氏がコロンビアソフトボール連盟の会長に再選
29/03/2021
Diazは満場一致で2021-2025年の会長に再選された。「これまで通りに取り組み、競技を広範囲に広めていきたい。」と語った。

今週の土曜日ボカグランデに14名の役員が集まり、Eduin Diaz氏は満場一致でコロンビアソフトボール連盟(FCS - Federacion Colombiana de Softbol)の会長に再選された。

「これまで通りに取り組み、競技を広範囲に広めていきたい。」と Diaz会長は再任決定後に語った。「ソフトボールをアメリカ大陸トップに成長させるため、多くのプロジェクトを抱えています。

FCS会長は、当面の目標は8月28日から9月5日までペルーのカリで開催されるWBSC U-18女子ソフトボールワールドカップとジュニアパンアメリカン競技大会に向けてコロンビア代表チームを準備することであると語った。また同連盟はバランカベルメハでU-23男子ソフトボールパンアメリカン選手権を開催する。さらに同連盟はコロンビアソフトボール・ハイパフォーマンストレーニングセンターに力を入れる。

関連記事
- コロンビアがU-18女子ソフトボール予備名簿、WBSCワールドカップのスタッフを発表
- 新設ジュニアパンアメリカン競技大会カリ2021の野球ソフトボール大会詳細が決定
- 動画 コロンビアのワユ族のコミュニティで野球が始まる
- カイマネス・デ・バランキージャがコロンビアプロ野球リーグ優勝
- 南アフリカとコロンビアがU-18女子ソフトボールワールドカップに出場決定
- コロンビアのテレビ番組「新しい情熱」でベースボール5が紹介される

執行役員会のメンバーは Diaz氏(会長)、Jose Berrocal氏 (第一副会長)、 Enrique Batista氏 (第二副会長Second Vice President)、Carlos Maldonado氏 (秘書)、Félix Devoz氏 (財務), Lucia Jay and Sofanor Villa氏 (無任所Member at large)。

コロンビアは現在WBSC男子ソフトボール世界ランキング30位、 WBSC女子ソフトボール世界ランキング 48位。


Global Game