EfraínWilliams氏がプエルトリコ野球連盟の新事務局長に就任

EfraínWilliams氏がプエルトリコ野球連盟の新事務局長に就任
11/05/2021
彼はペドロ・バルガスベガ氏の後任となるが、ナショナルチームのゼネラルマネジャー(GM)としての仕事も続ける。

プエルトリコ野球連盟は、組織の新たな事務局長としてEfraínWilliamsGonzález氏を指名した。Williams氏は、プエルトリコ代表チームのゼネラルマネージャーとしての役職も維持する。

Williams氏はスーペリアダブルAリーグでプレーし、生涯安打数は600本以上を記録している。彼はプエルトリコのアマチュア殿堂入りし、以前はアスリートの代表として連盟の理事会のメンバーを務めていた。

彼は大学では経営学で卒業し、コンピュータープログラミングを専攻し、情報システム管理の修士号を取得した。彼はプエルトリコ大学で32年間勤務した。

「Efraínは選手として野球ファンの尊敬を集めました。」とプエルトリコ野球連盟の José Daniel Quiles Rosas会長は語った。「彼は事務局長の任務に完璧に当てはまる人物だと思います。」

Williams氏は、個人的な理由で辞任したペドロ・バルガスベガ氏の後任になる。

関連記事
-プエルトリコのダブルA野球リーグの開幕日は6月13日に決定 43チームが競う
- Puerto Rico Double-A 2020 cancelled, 2019 champions awarded
- プエルトリコの女子野球リーグが8月に開幕