「大統領」のニックネームで知られるDennis Martinez元プロ野球投手が、母国のニカラグアで医師、看護師向けのGoFundMeキャンペーンを開始

「大統領」のニックネームで知られるDennis Martinez元プロ野球投手が、母国のニカラグアで医師、看護師向けのGoFundMeキャンペーンを開始
27/05/2020
有名な元プロ野球のエースピッチャーで、MLBの歴史の中で完全試合をした23投手の1人である彼は、ニカラグアの第一線の医療従事者に緊急のサポートが必要であると呼びかけた。

ニカラグア野球のレジェンドで彼にちなんで名づけられた国立野球場 が存在するデニス・マルティネス投手は、彼の母国のニカラグアの第一線の医療従事者のための防護服の緊急の必要性があるとよびかける。

Martinez氏は、ニカラグア全米医師会とAbuelas-Nicaraguenses(ニカラグアの祖母)と共に、誰もが 参加できる医師と看護師のマスクとガウンに50,000ドルを寄付するGoFundMeキャンペーンを設立した。

「病気の蔓延を防ぐことができるように、医療に携わる人々の健康を保つことはとても重要です。」とOttawa Sun誌とのインタビューでMartinez氏は語った。

Martinez氏は1954年にグラナダで生まれた。彼は7人の子供のうちの一番下で、1973年にボルチモアオリオールズとの 3,000ドルの契約に同意したとき、彼は農場で両親を助けていた。彼はデビュー時にはメジャーリーグベースボール(MLB)試合に登場した最初のニカラグア出身者で、1976年9月14日に対デトロイトタイガース戦で彼の初の勝利を収めた。

マルチネス氏はエースの先発投手だった。エル・プレジデンテ(大統領)の愛称で親しまれ、彼は好調の選手生活(1986-1993)をモントリオールエキスポで過ごした。1991年7月28日には、ロサンゼルスドジャースとの対戦で完全試合を記録した。

この記録はMLB史上13番目の完全試合であり、そしてラテンアメリカの投手による初の記録だった。その後現在に至るまでにわずか10名の投手がこの記録を達成、最後の記録では、2012年8月15日のベネズエラのFelix Hernandez(シアトルマリナーズvsタンパベイレイズ)が最後のマイルストーンを達成した。

多くの人から、これまでにないラテンアメリカのトップピッチャーの1人と見なされていたMartinez 投手は、1998年のシーズンを終えて引退した。彼は245のキャリア勝利と8つのセーブを獲得し、3,999.2イニングで2,149バッターをマークした。彼の防御率は3.70。

.彼はニカラグア代表にはならなかったが、2011年IBAFベースボールワールドカップでは、ニカラグアのコーチングスタッフの1人だった。