U-12、U-18ベースボールワールドカップのヨーロッパ予選が決まる

U-12、U-18ベースボールワールドカップのヨーロッパ予選が決まる
30/01/2020
ベルギーのモルツェルとイタリアのマチェラータの2都市でヨーロッパ選手権大会が行われる。上位2チームがワールドカップへの出場権を獲得する。

2021 WBSC U-12と U-18 ワールドカップのヨーロッパ枠は2枠。今年のU-12 と U-18 ヨーロッパ選手権大会が予選を兼ねる。この二つの大陸選手権大会の開催地、日程、チーム、組分けはすでに発表された。

ベルギーのモルツェルでは20207月6日から11日までU-12 野球ヨーロッパ選手権大会が開催される。グループAは前大会王者イタリア、チェコ、フランス、ハンガリー、グループBはベルギー、オランダ、ドイツ、ロシアに分かれる。

第6回目を迎えるユース最高峰のWBSC U-12 ベースボールワールドカップは2021年7月に台湾の台南で開催される。ワールドカップに進出したヨーロッパ2チームはあアメリカ大陸5チーム、アジア2チーム、オセアニア1チーム、アフリカ1チームと対決する。ワイルドカード枠で最後の出場チームが決定する。

イタリアのマチェラータではU-18 野球ヨーロッパ選手権大会が2020年7月13日から18日まで行われる。10チームが2組にわかれ、グループAは前大会王者オランダ、イタリア、フランス、リトアニア、イスラエル、グループBはスペイン、チェコ、アイルランド、ドイツ、オーストリアでそれぞれ対決する。

第30回WBSC U-18 ベースボールワールドカップ2021はアメリカフロリダ州のサラソタとブラデントンにて9月10日から19日に予定されている。ヨーロッパ選手権の上位2チームはワールドカップに進出し、アメリカ大陸トップ5チーム、アジアトップ2チーム、オセアニアトップ1チーム、アフリカ1チーム、さらにワイルドカード1チームと共に対戦する。