ファハール氏がパキスタン連盟野球会長に再選、新しい執行委員会が選出された

ファハール氏がパキスタン連盟野球会長に再選、新しい執行委員会が選出された
11/02/2020
新しい実行委員会に加えて、パキスタン連盟野球は、U-12およびU-18アジア野球選手権大会2020への参加を発表した。

日曜日に LahoreのBahria Cricket スタジアムで開催されたPFB総会でSyed Fakhar Ali Shah氏が パキスタン野球連盟 (PFB) の会長に再選され、Shaukat Javed氏が理事長として選出された。同日4年任期のPFB執行委員会が新たに選出された。

評議会は全会一致で投票し、Muhammad Mohsin Khan氏(シニア副会長)、Haider Khan Lehri、Muhammad Hamood Lakhvi、 Iftikhar Ahmed AsimDr Noman-ul-Haq 博士(副会長)、 Sheikh Mazhar Ahmed (事務総長)、Tahir Mahmood(会計) Mussadiq Hanif, Muhammad Jamil Kamran, Tariq Nadeem(男性会員全般), Sadia Alvi, Aisha Irum, Hummaira Mughal and Ann Fatima (女性会員全般)を選出した。

新しい実行委員会は4月に開催される第16回女子野球国内選手権の主催者としてSindh野球協会を承認した。一方、 Multan 野球協会が男子野球国内大会を主催する候補にあがっている。決定は、次の会議で幹部役員によって行われる。

幹部は、U-12およびU-18アジア野球選手権大会2020へのパキスタン代表チームの参加も承認した。

その日は、故PFBの前会長でパキスタンの野球の創設者である故 Syed Khawar Shah氏の記念式典で始まった。