新設ベースボール5ワールドカップが2022年に開催 国際大会日程発表

新設ベースボール5ワールドカップが2022年に開催 国際大会日程発表
09/12/2020
男女混合ベースボール5ワールドカップは2022年から隔年で行われる。14才から18才を対象としたベースボール5ユースワールドカップは2023年から奇数年で実施。2025年版は2026年ユースオリンピックの予選を兼ねる。

WBSC執行委員会は今日、ベースボール5の大会日程を承認した。新設ベースボール5ワールドカップは2022年から始まる。本来は2020年から開始する予定だったが、COVID-19の健康と安全規制により今年のはじめに延期が決定された。

変更された新たな日程は開催可能地、加盟連盟、大陸連盟などと広範にわたる協議を重ねて決まったもので、2021/2022シーズンに大陸予選などが行われることになる。この期間はすでに野球、ソフトボール、ベースボールの大会が数多くおこなわれる多忙期であるが、さらに2022年の新設ベースボール5ワールドカップが加わる。

ベースボール5の国際大会はでは、ベースボール5ワールドカップは偶数年、ユースベースボール5ワールドカップ(14才から18才部門)は奇数年に行われる。どちらも隔年で実施。最初のユースベースボール5ワールドカップは2023年に予定されている。

2025年版ユースベースボール5ワールドカップは2026ユースオリンピック競技大会の予選を兼ねる。

今後、WBSC大会部門はWBSCのインテグリティユニットと共に大会ホストマニュアルや将来の開催入札資料などに取り組む。

関連記事 新WBSCインテグリティユニットが最新版ベースボール5公式球承認プログラムを発表