エクアドルのキトに新球場建設

エクアドルのキトに新球場建設
26/01/2021
新球場はキト北部近郊のサン・ホセ・デ・モランに建設される予定。

野球/ソフトボールはパンデミック禍も衰えることなく世界中で発展を続けており、エクアドルのキトに新しい野球・ソフトボール球場が建設されることになった。これは国内の野球ソフトボール振興支援を目的としたもので、人口270万人のこの都市の最初の野球ソフトボール球場となる。

ピチンチャ県野球協会は同県ソフトボール委員会と共に1万へ方メートルの敷地に標準規格の野球場とその補完施設の建設を開始する。

この建設プロジェクトの第一段階では土地をならし、第二段階ではどグアウト、更衣室、パッティングケージ、ブルペン、屋外観覧席、駐車場などが建設される。建設費用は全て合わせておよそ80万USドル。

関連記事
- イスラエルとアラブ首長国連邦がユース野球大会で競技初対決
- 新らしくスイスで始まったeスポーツが大成功
- コスタリカの野球とソフトボールの連盟が競技と代表チーム発展のため協定を締結
- クロアチアで初のユース野球場がオープン
- 南京工業大学に中国ソフトボールカレッジが正式に設立

これから数ヶ月で、同県は野球ソフトボールを学校授業に取り入れることを予定している。

エクアドルは現在WBSC 野球世界ランキング第80位、WBSC 女子ソフトボール世界ランキングは35位、 WBSC男子ソフトボール世界ランキング 47位。


Member Federation News