韓国が初のベースボール5トーナメントを開催

韓国が初のベースボール5トーナメントを開催
24/12/2021
U-12カテゴリーの6チームが、韓国野球ソフトボール協会と韓国オリンピック委員会が主催するトーナメントに出場した。

大韓野球協会(KBSA)は、国内オリンピック委員会と提携して、国内初のベースボール5大会を開催した。

.12月4日、U-12カテゴリーの6チームが大田ハンバット体育館での大会に参加した。参加者は2つのグループに分かれた。グループAはHBC、ソクギョ小学校、群山南小学校、グループBは、ギョンサンリトルベースボール,PEC アカデミー、サンインチョン、 間石小学校が参加した。

各チームは8人の選手、男女各4名づつで構成された。

各グループの1位と2位がプレーオフに参加し、ソクギョは決勝でグンサムナムを破り、優勝。ギョンサンリトルベースボールが3位、サンインチョンが4位。HBCとPECアカデミーは5位と6位で終了した。

大会は、新型コロナウイルスの制限により、無観客で行われた。試合はKBSA YouTubeチャンネルで生配信された。決勝戦の様子は以下の通り。

大会期間中、KBSAが設置したブースでは、女子学生が2022年ソフトボール選手権大会を紹介した。

KBSAはプレスリリースで、この大会は韓国でのベースボール5の第一歩だと語った。野球とソフトボールの統括機関は、2022年に全国選手権を開始する計画を立てている。

関連記事
- 韓国の国内スポーツフェスティバルでベースボール5大会実施