WBSC U-23野球ワールドカップでシウダ・オブレゴンの経済効果を公表

WBSC U-23野球ワールドカップでシウダ・オブレゴンの経済効果を公表
08/10/2021
「数字的な観点だけでなく、この大会を開催したことでソーシャル、スポーツマンシップ、イメージとしてもこの町に大きなインパクトがありました」と地元観光局「OCV」オーナーのMoisés Corrales Ruiz氏はコメントした。

日刊紙「Tribuna Sonora 」がWBSC U-23野球ワールドカップがシウダ・オブレゴン市に与えた経済効果について報じた。シウダ・オブレゴンではCOVID-19パンデミックの影響で2019年以来ぶりの開催となる野球ワールドカップのグループAとプレースメントラウンドが行われた。

同市観光局(OCV)が報じるところによると、大会期間中、15935室の宿泊施設が埋まった。そのうちU-23野球カップ大会用に予約していたのはそのうちの11.83%のみだという。

OCVによると、この地域の観光サービスにもたらした大会による経済効果は388,000-485,000 USドル(約4350万〜5442万円)に上るという。

「数字的な観点だけでなく、この大会を開催したことでソーシャル、スポーツマンシップ、イメージとしてもこの町に大きなインパクトがありました」とOCV のMoisés Corrales Ruiz氏はコメントした。