第3回カリビアンベースボールカップが5月に延期

第3回カリビアンベースボールカップが5月に延期
26/03/2021
COVID-19感染者数増加のため、開催国キュラソーでは新たな自粛規制が発令された。

4月にキュラソーで開催予定の第三回カリビアンベースボールカップは5月に延期となった。

「正しい決断だと思います。」と大会ディレクターのManuel Frìas氏は語った。「出場各国の参加者たちの身体的安全を保護する必要があります。」

この決断はCOVID-19感染者がキュラソー島内で増加したため、Eugene Rhuggenaath首相が新たな自粛規制を発令した。

第3回カリビアンベースボールカップは5月8日から18日まで変更される。

大会の新形式には変更はない。出場する9チームは「トップチーム部門」(プエルトリコ、キューバ、ドミニカ共和国、パナマ、キュラソー)と「発展チーム部門」「アメリカ領バージン島、ハイチ、ペルー、チリ)の2グループに分かれて競い合う。両部門の優勝チームがそれぞれの選手権大会の王者となる。

関連記事
- カリビアンベースボールカップ 新たな大会方式で開催
- カリビアンベースボールカップが4月に開幕
- 新設カリビアンベースボールワールドカップでドミニカ共和国が優勝