国際視覚障害者野球トーナメント「モールズカップ」 オランダで開催

国際視覚障害者野球トーナメント「モールズカップ」 オランダで開催
11/05/2022
開催都市のビークはすでに2つのクリニックを主催しており、最初のオランダの視覚障害者野球チームの擁護に取り組んでいる。イギリスのマンチェスター出身のチームが、国際的な友好のためにイタリアのベルガモを訪れた。

オランダ南東部のマーストリヒトからそう遠くないビーク市は、8月(20-21)に、イタリア視覚障害者野球協会(AIBxC)が推進し、WBSCが認可した国際視覚障害者野球トーナメント第10回「モールズカップ」を開催する。 

第9回モールズ カップ(2019)では、6チームが出場。トーナメントは、新型コロナウイルスのパンデミックで、2020年と2021年はキャンセルされた。

AIBxCは2021年10月WBSCがオランダの視覚障害者野球を支援。インストラクターは5月7日土曜日にオランダを再び訪れ、新しいクリニックを実施した。

16人の視覚障害のある男子と女子がクリニックに参加した。そのうちの12人は、シャンタル・ボス氏の指導を受けて、初のオランダ視覚障害者野球チームの一員になることに関心を示した。

同日、WBSCパラリンピック委員会は、最初の視覚障害者野球の「ベルガモ市トーナメント」の開催において、イタリアのクラブ、レオネッサブレシアとベルガモウォールズを支援した。トーナメントは、イギリスのマンチェスター出身のチーム「UKBlindBaseball」を歓迎した。元ソフトボール選手のホリー・アイルランドが英国代表団を率いた。ブリティッシュブラインドスポーツのアレックスピッツがゲストとして参加した。

アイルランドは現在、ウェールズのカーディフで視覚障害者野球を振興している。