IOCがオリンピック「プレイブック第2版」公表へ 安心・安全な東京オリンピックの成功に向け

IOCがオリンピック「プレイブック第2版」公表へ 安心・安全な東京オリンピックの成功に向け
28/04/2021
第1版は2月に公表。今回の更新版ではさらに新型コロナの感染防止対策が強化されている。

国際オリンピック委員会(IOC)が、東京2020プレーブック第2版を取りまとめ、アスリートやチームオフィシャル向け第2版プレイブックを発行した。

このプレイブック(ルールブック)は日本政府を始め東京都庁、東京2020オリンピック組織委員会、IOC、IPC、世界保健機関(WHO)、そのほか世界の外部専門家・団体などから編成されるタスクフォースにより作成されたもの。

IOCのトーマス・バッハ会長は「大会参加者並びに日本の方々が安全に過ごせるよう、すべての大会参加者が取り組まなければならない責任について理解しています。そのため、科学や可能な限り最善の医療やイベントの専門知識に基づいたプレイブックを作成しました。」とコメントした。

アスリートとチームオフィシャル向けプレイブックはIOCの公式サイトより閲覧可能。
IF、ブロードキャスター、プレス、マーケティングパートナー向けプレイブック第2版は4月30日(金)発行予定。

関連記事
- 東京2020オリンピックに安全に参加するための初版の「オリンピック プレイブック」公表