イスラエル代表野球チーム、東京五輪に向け米国でウォーミングアップへ

イスラエル代表野球チーム、東京五輪に向け米国でウォーミングアップへ
31/03/2021
欧州代表のイスラエルは、米フロンティア・リーグのニューヨーク・ボールダーズ本拠地でキャンプに入る

イスラエルが今夏の五輪野球トーナメントに向け、ニューヨーク州ロックランド郡で準備に入る。米独立リーグのフロンティア・リーグに所属するニューヨーク・ボールダーズがホームグランドとするパリセーズ・クレジット・ユニオン球場を借り、東京へのトレーニングを積む。

練習試合の初戦は、7月12日の対ボールダーズ戦。

ウォームアップ試合の日程は、ペンシルバニア州、コネチカット州、メリーランド州へと続く。

イスラエルチームは、2019年WBSCヨーロッパ・アフリカ予選を勝ち抜き、オリンピック初出場のキップを手にした。

関連記事:
- WBSCオリンピック野球予選はフロリダと台湾の台中で6月に開催
- 2019年レビュー 野球オリンピック予選 イスラエルが初のオリンピック野球大会に出場の快挙
- ディーン・クレマーがイスラエル人二人目の MLBロースター入り
- イスラエルのRyan Lavarnwayの自粛中筋トレに Facebook上で捕手3000人が参加
- 元ビッグリーグ投手Jon Moscotが来年東京2020オリンピックでイスラエル代表として出場する予定

イスラエルがオリンピック参加資格を獲得したのは、1976年のサッカー出場以来。

東京での対戦相手国には、主催国の日本、韓国、メキシコなど。今後、最後の2枠が、6月開催予定のWBSCアメリカ大陸予選と、世界最終予選で決まる。


Tokyo 2020 – Olympic Baseball