田中将大が日本NPBの楽天イーグルスに復帰

田中将大が日本NPBの楽天イーグルスに復帰
28/01/2021
田中は侍ジャパン代表チーム稲葉篤紀監督が選ぶ24名のオリンピック選手の有力候補の一人となった。

2008年オリンピック出場したスーパースターの田中将大が日本に帰ってきた。

日本野球機構(NPB)の楽天ゴールデンイーグルスと田中将大が今日契約合意したことを発表した。このニュースに日本のメディアやファンが大いに沸いた。

楽天は32歳右投げ投手の田中の背番号は18番となること、後日行われる入団会見で契約の詳細にを述べることを発表した。

「震災から10年というすごく特別なシーズンに田中選手をお迎えできてすごくよかったと思います。田中選手は特別です。」と元スター投手で監督初年の石井一久監督が球団のサイトでコメントした。

関連記事
- NPBシーズン3月26日開幕 東京オリンピック開催中は試合中断
- 40歳の松坂大輔がNPB復帰 オリンピック出場を狙う
- 侍ジャパンの稲葉監督 東京オリンピックを通して日本野球界を団結させ、若い世代を惹きつけたい
- 日本のスター投手菅野智之  NPBに残留
- NPB福岡ホークスが日本シリーズ4連覇 東京読売ジャイアンツにスイープ勝利

イーグルスは2006年高卒の田中をドラフト指名。ハーラーの田中は2007年にNPBデビューし、2013年まで楽天でプレーした。

イーグルスが日本シリーズ制覇に導いた後、田中はメジャーリーグベースボール(MLB)のニューヨーク・メッツと7年1億5500万USドルで契約を結んだ。

田中はNPBとMLBの両方でオールスターに選ばれている。

田中は2008年北京オリンピックとワールドベースボールクラシック2009・2013に日本代表としてい出場している。これで東京2020オリンピックへの代表選手24名を選考する侍ジャパン代表チームの稲葉篤紀監督にとって田中はこれで代表の最有力候補となる。

写真 Koji Watanabe/ゲッティ・イメージズ


Premier12 2019